8月の行事

⇒8月の記念日食レシピ     ⇒記念日の食     ⇒8月の行事食レシピ


陰暦の8月1日は八朔の日(八は8月で朔日は1日)。八朔は二百十日、二百二十日と並ぶ悪天候と恐れられた日です。この時期は稲の収穫の直前にあたる頃であり、この時期の悪天候は農民にとっては実りが失われることにつながるため、無事に収穫ができることを神仏に祈りました。そのため、八朔の日は、別名「田実の節句(たのみのせっく)」とも呼ばれています。田の神に豊作を祈る「田の実」は、収穫したばかりの稲穂を日頃世話になっている人に贈って豊作を祈願してもらう「頼み」の日ともなり、やがて日頃お世話になっている人に贈答する習慣が誕生しました。豊作を祈願する八朔の日は、鎌倉時代中期頃には「頼み」を「君臣相頼む」の意にかけて、君臣物を贈る風習となり、農民だけの節句から武家社会へと広がったといわれています。室町時代には幕府の儀式となり、江戸時代には五節句の一つに数えられた公式の祝日となりました。特に徳川幕府にとっては、徳川家康が初めて江戸城に入った日であることから、この日、諸大名は白帷子の正装で将軍家に祝詞を述べて太刀などを献上し、幕府もまた朝廷に馬を献上するなどの儀式が執り行われました。白帷子で登城する諸大名の様子は、やがて貴賎ともに白い木綿の単を着用する習慣へとつながり、吉原(有名な遊郭)での白無垢の花魁道中の誕生となりました。
また、八朔の日を境に、暑さ対策の休養として認められていた昼寝が禁止され、夜なべが始まったといわれています。収穫期を前に、気を引き締めて農作業に精を出す区切りの日でもあったようです。
八朔の祝いは収穫期前の最後の祭りであり、「尾花粥(おばながゆ)」や「黒ごま粥」が食されました。尾花とはススキの穂のことで、黒焼きにしたススキの穂をお粥に混ぜて作る尾花粥は、暑さ疲れの妙薬といわれています。


 
旧暦では、「7月=初秋」「8月=中秋」「9月=晩秋」にあたり、8月15日の満月を「中秋の名月」としてお月見をします。団子15個と枝豆、ススキの穂などの秋の七草を飾り、月に供えて新豆の豊作を報告します。満月の光を浴び、夜露のついたものを食べると長生きするという伝承があり、中秋の名月は屋外で祭るのが慣わしとなっています。
「中秋の名月」を観賞する十五夜は中国から伝わった行事で、平安時代に貴族の間で定着し、江戸時代には秋の収穫を感謝する農耕習慣と結びつき、広く一般行事になったといわれています。日本では十五夜の1ヵ月後のお月見を「十三夜」と呼び、どちらか片方の月見しかしないことは、「片見月」「片月見」と呼ばれ、両方の月を見ることでお月見は完成すると考えられています。「十三夜」は栗や豆を供えることから、別名「栗名月」「豆名月」、あるいは「後の月」などと呼ばれています。
お月見は旧暦で行われる行事のため、2009年新暦での「中秋の名月」は10月3日、「後の月」は10月30日となっています。


 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ