header
ぜんそくとは

ぜんそくとは
正式名称は「気管支ぜんそく」といい、空気の通り道である気道(気管・気管支)が狭くなることで呼吸が苦しくなる症状です。喘ぎ息をすることから喘息(ぜんそく)と呼ばれています。

どうして狭くなるの?
原因は「炎症」です。ぜんそくの患者の気管支断面を見ると、炎症細胞が集まっており、粘膜がむくんでいます。また、粘液の分泌が過剰になっているため痰もたまっています。。

炎症の原因は?
いろいろな刺激が原因となります。もっとも多いとされるのが室内のダニのフンや死骸やペットの毛などによるアレルギー反応です。その他、ストレス、気象の変化、冷気、タバコの煙など、さまざまな刺激が発作の引き金になります。

発症する年齢は?
◎子どもの場合は6歳までに発症することが多く、その多く(60~70%)は12~13歳ごろまでに寛解(かんかい)するといわれています。が一方、思春期に持ち越して思春期ぜんそくに移行したり、大人になってから再発する人もいます。
※寛解=長期に亘って薬を使わなくとも無症状の状態をいう。
◎子どもの頃に症状がなくても、大人になって40~60歳代で初めて発症する人もいます。

初めての症状の時に気をつける
発作を初めて起こした時は症状が軽いので、この時期に適正な治療や指導を受けることで、軽い症状のままで治すことが可能です。

発作の起きやすい時間帯や季節
◎時間帯:ぜんそくは副交感神経の影響を受けやすいので、副交感神経の働きが活発な夜中や明け方に強く出ます。そのため、日中はケロッとしていることが多いのが特徴です。
◎季節:ぜんそくの人は気道が過敏になっているため、気象の影響を受けやすくなっています。梅雨時、台風が近づいている時、急に冷え込んだ時などに発作が出やすいので、天気予報を参考にすることも必要です。

冷たいものや刺激の強いものに注意
気道を刺激すると発作を起こしやすくなります。冷たいものや刺激の強い食べ物は気道を刺激するので、避けるようにしましょう。

食べ過ぎにも注意
お腹いっぱい食べると、横隔膜の働きが鈍くなり、そのため呼吸運動の制限につながり呼吸が苦しくなります。腹八分目の食生活はぜんそく予防のみならず、あらゆる病の原因にもなりやすいので気をつけましょう。

食物繊維をしっかり取る
2009年10月29日、英科学誌『ネイチャー』に食物繊維の新たな効能が発表されました。論文を執筆したのはオーストラリア・シドニーのガーバン医学研究所で、「食物繊維は免疫系の働きを高め、炎症性疾患の抑制に力を発揮する」「食物繊維がぎっしり詰まった食べ物には、ぜんそく、糖尿病、関節炎を寄せ付けないようにするためのカギが握られている可能性がある」と述べています。同研究所のチャールズ・マッケイ教授は「西洋のライフスタイルに関連した食生活の変化が、ぜんそくやⅠ型糖尿病などの自己免疫疾患の増加を招いていると考えられる」と述べています。
食物繊維は便秘解消にも必要な成分です。日常的にしっかり取る習慣をつけましょう。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く