header
脳出血とは

脳出血とは
脳出血は脳の血管が破れ、出血することで脳内に血の塊ができ、それによって脳障害が起こる脳血管疾患です。出血を起こしやすい部分は大脳85%、小脳10%、脳橋5%といわれ、脳の表面にある軟膜とクモ膜の間に出血した場合はクモ膜下出血と呼びます。
脳血管疾患:血管が破れて出血する「脳出血」と、血管が詰まる「脳梗塞」をあわせたものをいいます。ともに突然症状が出るのが特徴で、症状が慢性的に続く時は違う病気が考えられます。

原因の多くは高血圧
血圧は心臓が送り出す血液によって血管の壁にかかる圧力のことで、高血圧とは血管の壁にかかる圧力が強い状態をいいます。高血圧が慢性的に続くと、脳の細い血管にコブのように小さなふくらみ(脳動脈瘤=のうどうみゃくりゅう)がいくつもできます。その小さなふくらみに高血圧の強い圧力がかかると、ある日突然にその一部が破裂して血管が破れ出血を起こします。高血圧は常に血管壁に強い圧力がかかっている状態なので、血管が破れやすいのです。

脳動脈瘤に注意
脳動脈瘤は非常に小さい風船のようなもので破れる前に症状が出ることはありません。そのため脳出血は突然起こってしまうのですが、一度破れた脳動脈瘤は、必ずといってよいほど、早い時期に再度破れます。脳出血を起こした時はその後の注意が必要です。

高血圧は動脈硬化を引き起こす
高血圧が長く続くと動脈硬化が進み、血管が脆くなっていきます。動脈は体の隅々にまで血液を送り続ける働きをしており、その動脈が硬化する動脈硬化になると、血液の流れが悪くなり、血管は脆くなって破れやすくなります。

発症しやすい季節・時間帯
◎季節:冬季に多く発症し、夏期は減少します。
◎時間帯:朝7時と夕方5時に多く発症するといわれています。

クモ膜下出血は女性に多い
脳出血の発症は男性の方が多いのですが、クモ膜下出血の発症率は女性の方が高いという数値が出ており、発症率は男性の2.3倍と報告されています。

脳出血になりやすい人
最たる要因の高血圧や、動脈硬化の他に以下も危険因子になるので気をつけましょう。
◎悪玉コレステロールや中性脂肪が高い高脂血症の人:血液中に溜まっている脂質が酸化するため、動脈硬化が進行しやすくなります。
◎糖尿病の人:高血圧や高コレステロール血症を合併していることが多く、動脈硬化が進行しやすくなります。
◎肥満気味の人:肥満は動脈硬化を促進させます。
◎タバコを吸う人:ニコチンが血管の内膜を傷つけるため、コレステロールが血管に入りやすくなり、血液中の善玉コレステロールが破壊されます。血圧が上昇し、動脈硬化が進行します。
◎ストレスの多い人:免疫力が低下し、血液中のリンパ球が減少します。その結果、血管内に老廃物が溜まって血流が悪くなり、高血圧や動脈硬化の要因になります。
◎過度の飲酒をする人:アルコールを飲むと血圧が上がります。禁酒すると血圧が下がることが証明されており、適量を守ることが大切です。
※適量のアルコールとは、①日本酒1合 ②ビール中瓶1本 ③ワイン200㎜l ④焼酎70㎜lといわれています。

予防する食養生
◎「血圧を下げる」「血管を強くする」「動脈硬化を予防する」食生活をする。
◎肥満に気をつける。(食べ過ぎ=カロリー過多に気をつける)
◎コレステロールを控える。(動物性脂質の取り過ぎに注意。動物性たんぱく質は魚で取る)
◎アルコールの飲みすぎを控える。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く