header
脳梗塞を予防する食べ物
脳梗塞を予防するには、血中コレステロールを低下させ血流をよくする栄養成分を有効に取り入れることが大切です。代表的な栄養成分として、不飽和脂肪酸、タウリン、硫化アリル、食物繊維などが挙げられます。また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓予防効果が強力なので、日常的に取り入れたい食品です。

【EPA・DHA】
不飽和脂肪酸で、コレステロールや中性脂肪を減らす働きに優れ、動脈硬化を予防する。血液が凝固するのを防いで血栓を予防する。
EPA・DHAを多く含む食品
白身魚よりも青背の魚に多く、深海魚よりも海の表層を回遊する魚に多い。アジ、サバ、サンマ、イワシ、マグロ、ブリなど
【タウリン】
魚介類に多く含まれる遊離アミノ酸の一種で、血中コレステロール値や血圧を下げる働きを持っている。動脈硬化を予防し、眼の網膜に働き視力の衰えを予防する。
タウリンを多く含む食品
イカ(特にスルメイカ)、カニ、タコ、カキ、アサリ、ホタテ貝など
【ナットウキナーゼ】
納豆から発見された酵素(たんぱく質)。血栓を溶かす働きに優れ、人間が生まれながらにして持っている血栓溶解酵素プラズミンよりも強力に働く。納豆菌の繁殖によって粘りの中に作り出されるので、十分に糸を引かせて食べるとよい。酵素なので加熱に弱く、70℃で失活(効力を失う)してしまう。
ナットウキナーゼを多く含む食品
納豆
【硫化アリル】
ねぎやにんにくなどに含まれる刺激臭のある香気成分。血液凝固を遅らせ、血液をサラサラにして血液中の脂質を減らす働きがある。硫化アリルの一種のアリシンには、ビタミンB1の吸収を高める働きがあり、疲労回復に効果がある。
硫化アリルを多く含む食品
にんにく、玉ねぎ、しょうが、ねぎ、にら、らっきょうなど
【食物繊維】
体内で消化されない炭水化物。水溶性と不溶性があり、腸管からコレステロールが吸収されるのを防ぎ、コレステロールを体外に排出する。
食物繊維を多く含む食品
きのこ類、海藻類、こんにゃく、野菜類、穀類など
【オレイン酸】
不飽和脂肪酸のオメガ9系(一価不飽和脂肪酸)の脂質で酸化しにくい。血中のLDL(悪玉コレステロール)を低下させ、一方でHDL(善玉コレステロール)を低下させない働きを持つ。肝臓に働きかけてインスリンの効き目を改善する作用がある。
オレイン酸を多く含む食品
オリーブ油、ごま油、菜種油など
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く