header
脳梗塞とその予防

脳梗塞とは
脳梗塞とは脳卒中のひとつで、脳卒中の約60%以上を占めている症状です。脳に血液を送る血管が、
①血栓が詰まる
②流れが極端に悪くなる
などの理由で脳細胞に血液が流れず、そのため脳細胞が壊死して意識障害を起こす病状です。

脳梗塞の種類
脳梗塞には脳血栓と脳塞栓があります。
脳血栓は脳の血流が次第に悪くなり血管壁に血液の塊(血栓)ができて詰まることで起こります。ラクナ梗塞とアテローム血栓性梗塞があり、日本人に一番多いのは脳の深部の直径1㎜以下の毛細血管が詰まるラクナ梗塞です。
一方、脳塞栓は心臓や頚動脈などの他の部位から血の塊が飛んできて詰まることで起こります。突然発症する危険な脳梗塞で、50~70代に多い症状です。

脳梗塞の原因
高血圧、糖尿病、脂質異常が危険因子とされています。特に日本人に一番多いラクナ梗塞は高血圧が原因といわれています。また、喫煙は多血症(赤血球が異常に増える)となり血液がドロドロの状態になりやすいので注意が必要です。アルコールの摂取過多は血圧上昇につながるので、飲み過ぎにも気をつけましょう。

脳梗塞の予防
脳梗塞は睡眠中と朝の起床時に集中して起こります。血栓は明け方にできやすいので、寝る前に水をコップ1~2杯飲む習慣をつけましょう。また、炎天下を避け、汗をかいたら十分な水分補給に気をつけましょう。優れた血栓溶解の働きを持つナットウキナーゼ(納豆に含まれる酵素)は、食べてから8時間ほど効力があるので、夜に食べるとより効果的です。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く