header
冷えを予防する暮らしの知恵

体を温める食べ物を食べる
体を温める食べ物を積極的に食べましょう。冬の寒さから身を守るには皮下脂肪を蓄えることが大切なので、肉・魚・卵などの動物性たんぱく質はきちんと取りましょう。冬に旬を迎える根菜類、穀類や豆類などもバランスよく食べましょう。

薬味や香辛料を利用する
ねぎ・しょうが・にんにく・とうがらし・こしょうなどの薬味や香辛料には、「血行を促進する」「血管を拡張し体内脂肪を燃焼させる」などの優れた働きがあります。単独で取るよりも、日々の料理にこまめに利用することで、血行を促し、冷えを予防しましょう。

ぬるま湯に浸かり、足に冷水シャワーをかける
冷え対策の入浴には、37~40℃のぬるま湯がおススメです。ぬるま湯に20~30分浸かることで体中の血液の循環がよくなり、体の中から温まります。湯船から出たら、ふくらはぎから足首にかけて冷水シャワーをかけてみてください。血行がよくなり、温熱効果が長持ちし、湯冷めを予防します。

足のむくみにも効果的な「足湯」
冷えた足の血行をよくするためには、手軽な「足浴」がおススメです。洗面器を2つ用意し、お湯と水を足首まで浸かる位入れます。最初にお湯に足を浸けて約2分、次に水に浸けて約30秒。この動作を3~4回繰り返します。血行がよくなり、足が温まり、足がむくんでいる時にも効果があります。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く