header
季節性うつ病とは

季節性うつ病とは
季節性うつ病とは「ある季節のみうつ病に似た症状が出る」精神疾患をいいます。「季節性情動(あるいは感情)障害」と呼ばれ、1984年、アメリカの精神科医ノーマン・ローゼンタールによって発表された病状で、その後広く知られるようになりました。

光の少ない冬季に多く発症する
私たち人間は、植物と同じようにある程度の光を浴びないと、生体のリズムが乱れ、心身の調子が崩れてきます。そのため、季節性うつ病は光の少なくなる秋から冬の季節に多く発症します。まれに夏季に症状が出る「夏季うつ病」もありますが、特に目立った症状のないのが特徴です。

表れる症状
日照時間が短くなる秋から冬の季節にさまざまな体調の変化が表れます。日常生活での目に見える大きな異変は①睡眠時間が増える ②食事の量が増える などです。睡眠時間が増えるのは体内時計を調整するメラトニンが過剰になることが原因と考えられています。食事の量が増えるのはセロトニンバランスが崩れることが原因と考えられ、特に甘いものが食べたくなり、炭水化物(糖質)を多く取る傾向があるため、体重の増加が見られます。その他の症状として①調子がすぐれず人付き合いも消極的になる ②血圧が低下し冷え症気味になる などが挙げられています。

一般のうつ病とは違う
冬季うつ病は秋から冬に表れるうつ気分。一般のうつ病は不眠や食欲不振を伴いますが、秋から冬に表れる冬季うつ病は過眠や過食といった逆の症状が表れます。気分がすぐれず消極的になるため、一般のうつ症状と診断されて抗うつ薬を処方されることがありますが、効果は期待できません。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く