header
乾燥肌を予防する栄養素と食べ物
乾燥肌とは①角質層の水分が少なくなる②皮脂の分泌が少なくなる などで、皮膚の表面が乾燥した状態をいいます。空気中の湿度が30%を切ると肌の水分は蒸発しやすくなるといわれており、湿度が低くなり空気が乾燥する秋から冬の季節には、湿度が30%を切る日も多々あり、肌から水分が蒸発しやすい環境に置かれます。
肌の乾燥を防ぐには、角質層からの水分蒸発を防いで肌を潤す栄養成分をしっかり取ることが大切です。バランスのよい食生活を基本に、セラミドやビタミンA(レチノール、カロテン)、肌のかさつきを予防する脂質、新陳代謝を高める唐辛子・しょうが・カレーなどを日常的に取り入れ、乾燥肌を予防しましょう。

【セラミド】
皮膚の角質層に存在する脂質で、皮膚を外部の刺激から守り、角質層の水分を保持する働きを持っている。幾重にも重なった角質細胞の隙間をビッシリ埋めて皮膚のバリア機能を司っている。セラミドが不足すると角質細胞の隙間が埋まらず、皮脂膜も形成されにくくなり、角質細胞に保持されている水分が蒸発して、角質細胞間は隙間だらけとなっていく。セラミドは30代後半から減少するので、積極的に食べ物で補っていくとよい。
セラミドを多く含む食品
大豆、生芋こんにゃく、米(胚芽部分を含んでいるもの)、小麦、ヨーグルト、ほうれん草など
【ビタミンA(レチノール・カロテン)】
皮膚や粘膜の潤いを維持し、新陳代謝を促す働きを持っている脂溶性のビタミン。レチノール類の形で自然界に存在し、植物ではβ‐カロテンの形で存在する。不足すると皮膚表面の細胞がダメージを受けやすくなり、皮膚がカサカサになってくる。脂溶性なので油と一緒に取ると吸収されやすくなる。
ビタミンA(レチノール・カロテン)を多く含む食品
レチノール : レバー(鶏、豚など)、肝油、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、卵、ホタルイカ、ウナギ、アナゴ、アユの内臓など
カロテン : 緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、しその葉、パセリ、にら、ほうれん草、小松菜、春菊、明日葉など)、海苔、ワカメ、緑茶など
 緑黄色野菜とは100g中に600μg以上のβ‐カロテンを含む野菜で、現在56種類が緑黄色野菜と位置付けられている(トマトやピーマンなど、600μg以下でも1回に食べる量や頻度が高い色の濃い野菜も、緑黄色野菜と位置付けられ含まれている)
【脂質】
脂質不足は皮膚のカサツキの原因となる。三大栄養素のひとつで大部分を占めるのが脂肪酸。脂肪酸はエネルギー源となると同時に細胞や血管を作る働きを持っており、肉・卵・乳製品など動物性食品に含まれる飽和脂肪酸と、植物油や魚介類に多く含まれる不飽和脂肪酸がある。
脂質を多く含む食品
飽和脂肪酸 : 肉類、卵、乳製品など
不飽和脂肪酸 : 植物油(紅花油、コーン油、ひまわり油、大豆油など)、DHA・EPA(特に青魚)、ごま、ナッツ類(松の実、ピーナッツ、アーモンドなど)、凍み豆腐など
【たんぱく質】
皮膚の角質細胞はたんぱく質で形成されているので、皮膚のバリア機能を守るためには良質なたんぱく質が必要。肉類には良質なたんぱく質が豊富だが、血中コレステロールを高める飽和脂肪酸も多いので、肉類の取り過ぎには注意する。
たんぱく質を多く含む食品
肉類、魚類(特にEPAやDHAを含む青魚)、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く