header
抜け毛・白髪を予防する食べ物
髪に必要な栄養は血液によって運ばれます。そのため、健康な髪の毛を維持するためには①髪に必要な栄養をしっかり取る ②健康な血液と血管を作る ことが大切です。
髪の毛は皮膚の一部が変化してできたものなので、健康な髪の毛は健康な肌なくして成り立たず、健康な肌は健康な体なくしてありえないのです。
バランスのよい食生活を基本に、たんぱく質やビタミンAなど、抜け毛や白髪を予防する食べ物を日常的に取り入れ、美髪維持を心がけましょう 。

【たんぱく質】
髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質なので、良質なたんぱく質を取ることが髪の毛には一番大切。肉類には良質なたんぱく質が豊富だが、血中コレステロールを高める飽和脂肪酸も多いので、肉類の取り過ぎには注意する。
たんぱく質を多く含む食品
肉類、魚類(特にEPAやDHAを含む青魚)、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など
【ビタミンA(レチノール・カロテン)】
角質の表面を緻密にする働きがある。特にβカロテンは腸内で油脂と胆汁の助けを借りてビタミンAに変わり、毛細血管で毛母細胞に栄養が届けられる仕組みになっている。ビタミンAが不足して毛母細胞に届かなくなると、毛母細胞は角化(かたくなる)し始め細胞分裂ができなくなり、新しい毛が生まれずに薄毛になっていく。
ビタミンA(レチノール・カロテン)を多く含む食品
レチノール : 肝油、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、卵、ウナギ、アナゴなど
カロテン : 緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、しその葉、パセリ、にら、ほうれん草、小松菜、春菊、明日葉など
【ビタミンB群】
髪の毛にはシスチンというアミノ酸が多く含まれている。シスチンを髪や頭皮に作りかえる時にエネルギー源として炭水化物が必要で、この炭水化物の代謝にビタミンB群が欠かせない。また、ビタミンB1やB2が不足すると、メラノサイト(色素合成細胞)がメラニン色素を作れなくなり、白髪になる。
ビタミンB群を多く含む食品
ビタミンB1 : 肉類(豚・牛・鶏など)、胚芽、豆類(大豆・小豆など)、全粒粉パン、牛乳、緑黄色野菜、しいたけ、落花生など
ビタミンB2 : 肝(ウナギ・牛レバーなど)、酵母、卵黄、胚芽、肉類(豚・牛・鶏など)、ウナギ、ドジョウ、緑黄色野菜、納豆、干ししいたけ、海苔など
ビタミンB6 : 酵母、小麦胚芽、肉類(豚・牛・鶏など)、魚介類、卵、豆類、にんにく、牛乳など
【ビタミンE】
不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがある。血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きをする不飽和脂肪酸の酸化を防ぐので、動脈硬化の予防に有効。血流をよくして毛母細胞にしっかり栄養を送り、髪の毛の新陳代謝に働く。
ビタミンEを多く含む食品
ナッツ類(くるみ・落花生・松の実など)、ごま、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、紅花油など
【ビタミンP】
ビタミンPと呼ばれるルチンやアセチルコリンは毛細血管を強化する働きがある。髪の毛に必要な栄養素を表皮母細胞や毛母細胞に栄養を届け、極細の毛細血管の細胞壁から血液を浸出させるのに大きな効果がある。
ビタミンPを多く含む食品
緑茶、そば、そば茶、レモンやオレンジなど柑橘類の内皮など
【葉緑素(クロロフィル)】
植物の体の中に含まれる緑色の色素で、人間の血液の血液素(真っ赤な色素)であるヘムと化学構造がほとんど同じ。「緑の血液」とも呼ばれ、健康な血液を作り、増血に働く。健康で豊かな血液が、毛母細胞に栄養を届け、新しい髪の毛を誕生させる。
葉緑素(クロロフィル)を多く含む食品
青野菜(小松菜・ほうれん草・ピーマン・春菊など)
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く