header
インフルエンザとは

インフルエンザとは
インフルエンザとはインフルエンザウイルス(鳥インフルエンザの原因となるA型及び新型インフルエンザ等感染症の原因となるインフルエンザウイルスは除く)の感染による急性気道感染症です。強い感染力により流行が短期間に拡大するため、厚生労働省によって「五類感染症」のひとつに定められている感染症で、風邪症候群とは異なるものと位置付けられています。

インフルエンザの特徴
発熱・悪寒・頭痛・喉の痛みなどから始まり、39℃以上の高熱や関節痛や筋肉痛など全身に強い症状が出ます。高熱は3~4日間続き、後期から鼻汁や鼻閉症状が著しくなります。気管支炎やインフルエンザ肺炎などの合併症を起こし、重症化することが多く注意が必要です。65歳以上の死亡率が普段より高いのが特徴です。

感染経路
インフルエンザの主要な感染ルートは「飛沫核感染(=空気感染)」です。咳やくしゃみをした時に飛び散る「飛沫(水分を含んだ微粒子のこと)」は、粒子が大きいためすぐに落下します。しかし飛沫は乾燥して水分を含まない「飛沫核」になり、その直径が2ミクロン以下になると長時間空中を漂っていることができるようになります。そのため同じ部屋で一緒に空気をすっているだけで感染することになります。

流行期とその要因

流行期は1~3月の冬の期間です。要因として以下が挙げられます。
◎インフルエンザウイルスの最も適した気象環境は「温度=20℃前後、湿度=20%前後」といわれ、この環境だとウイルスは長期間空気中に漂っていることが可能となる。
◎一方、寒くなると人間の鼻・喉・気管などの血管は収縮し、腺毛の働きが鈍くなる。腺毛はウイルスや細菌の侵入を少なくする働きを担っているため、腺毛の働きが鈍くなるとウイルスが侵入しやすくなる。

◎寒い時期は密閉した部屋にいることが多い。そのためインフルエンザにかかっている人が一緒にいると、そのウイルスを吸ってしまい感染しやすくなる。

猛スピードで増殖するインフルエンザウイルス

気道粘膜についたインフルエンザウイルスは、16時間後=1万個、24時間後=100万個に増えるといわれています。猛スピードで増殖し、粘膜細胞を破壊していきます。

湿度と温度の関係
インフルエンザウイルスは湿度と温度によってその生存率が大きく異なってきます。最適な「温度は20℃前後、湿度は20%前後」といわれ、湿度や温度が高くなるほど生存率が低くなります。以下表は6時間後のウイルス生存率を示したものです。
湿度 温度 生存率
20% 20℃ 70%近く生存
50%以上 20℃ 3%生存
20% 32℃ 17%生存

抗体が効かないインフルエンザウイルス
インフルエンザウイルスには抗体が役に立ちません。これはインフルエンザウイルスが生き延びるために遺伝子の配列を変えているためです。そのため一度罹っても抗体が役に立たず、その都度予防接種が必要になります。

予防法

◎睡眠を十分取り、疲れを取り去る。
◎栄養をしっかり取る=免疫力を高める食生活がウイルスに負けない抵抗力をつけます。
◎人混みを避ける。感染している人と同じ部屋に居ないようにする=主要な感染ルートは飛沫核感染なので、同じ空気を吸わないようにします。
◎加湿器を使い、湿度管理をする=インフルエンザウイルスは湿度が高くなると生存率が低くなります。

◎ワクチンを接種する=予防としてあらかじめ予防接種で抗体を作っておくと、罹っても軽症ですむことがありますが、完全とはいえません。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く