header
風邪とは

風邪とは
正式には「風邪症候群」といい、細菌やウイルスが鼻や喉などに侵入することで感染し、急性の炎症を伴う症状です。風邪のもとである細菌やウイルスは非常に多くの種類があるため、風邪に対する免疫ができても、何度でもかかってしまうのが特徴です。また、風邪の症状は炎症を起こす場所により異なります。

炎症を起こす場所と症状
◎鼻の粘膜:ここにウイルスが付いて炎症が起こると、くしゃみや鼻水がでる症状になります。粘膜に付いたウイルスを外に出すために鼻水がたくさん出ます。
◎喉の粘膜:ここにウイルスが付いて炎症が起こると、咳・痰・喉の痛みなどの症状になります。咳や痰は粘膜に付いているウイルスを外に出すために出ます。
◎喉の下・気管・気管支・肺:この部分に炎症を起こると、声がれ・咳や痰が出る・呼吸困難などの症状が出ます。

感染の原因
感染経路は「飛沫感染」「飛沫核感染」「接触感染」の3つに分けられます。
◎飛沫感染:咳やくしゃみで飛び散る水分を含んだ直径5ミクロン以上の微粒子を「飛沫」といいます。この飛沫によって感染した場合を飛沫感染といいます。5ミクロン以上の微粒子なので、大きいためすぐに落下します。飛沫感染の場合は近距離で飛沫を直接浴びた時に感染します。
◎飛沫核感染:咳やくしゃみで飛び散った飛沫が、空中でそのまま乾燥したり、一旦他のものに付いた後に乾燥して水分を含まない直径5ミクロン以下の微粒子になったものを「飛沫核」といいます。この飛沫核によって感染した場合を飛沫核感染といいます。2ミクロン以下の飛沫核は長時間空中を漂っているため、同じ空間に一緒にいるだけで感染します。
◎接触感染:ウイルスが付着したもの(ドアノブ、つり革など)に触れた手で、鼻を触ったり握手したりと直接触れることで感染した場合を接触感染といいます。普通感冒の代表的なライノウイルスは、この接触感染で感染することが一番多いといわれています。

感染を予防するために気をつけること
まず一番は風邪をひいている人の傍に近寄らず、人ごみを避けることです。そして帰宅したら手洗い・うがいをすることでかなり予防することができます。

ナノマスクは感染予防が期待できる
飛沫感染や飛沫核感染は、マスクをすることである程度予防することができます。ただし、一般のガーゼマスクには飛沫を防ぐ能力はなく、一方、超微粒子をも通さないナノマスクは効果があるといわれています。咳1回でウイルスを含んだ飛沫物は約10万個(2メートル先まで飛ぶ)、くしゃみ1回で約200万個(3メートル先まで飛ぶ)放出されるといわれています。

手洗いも効果的
普通感冒のライノウイルスは、付着した物の上で数時間から数日間、生存できるといわれています。ライノウイルスは接触感染ルートでの感染率が高いので、手を洗うことは感染予防に効果的です。

風邪をひいてしまったら「安静」「保温」「栄養と水分」
◎安静にすること:風邪をひいて熱が出ると体がだるくなります。これは体の中でウイルスと白血球が戦っているためです。ウイルス退治には体のエネルギーの全てを使うことが必要です。余計なエネルギーを他に使われないようにするため、体をだるくしたり、ふらふらさせたりします。安静にしていることで、エネルギーの全てをウイルス退治に使うことができます。
◎保温すること:寒いと鼻・喉・気管などの血管は収縮し、線毛の動きが鈍くなります。線毛は外からの細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きを持っており、この線毛の動きが鈍くなると細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
◎栄養と水分を取ること:熱が出ると発汗作用によって熱を放散させようとするため、体内の水分が失われていきます。同時に発熱によって栄養の損失も著しくなるので、栄養価の高い食べ物を取ることが大切です。熱が出た後にはたくさんの汗が出ます。この時、体を冷やさないように手早く体をふき清潔な肌着に着替えることが大切です。

強いストレスに注意
強いストレスは免疫力低下につながります。これは免疫と深い関係がある自律神経がストレスによってバランスを崩しやすくなるためです。

季節の変わり目に注意
季節の変わり目は温度の変化が激しいことが多く、体温調整を司る自律神経が狂いやすくなります。自律神経の狂いは免疫力の低下につながるため、風邪をひきやすくなります。

低温度・低湿度に注意
一般にウイルスは温度や湿度が低いと活動が活発になる性質を持っています。冬に流行するインフルエンザウイルスは特に湿度に弱いので、加湿器などで空気が乾かないようにすると効果的です。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く