header
自律神経失調症とは
自律神経失調症とは「自律神経のバランスが乱れたことにより起こる身体のさまざまな不調」をいいます。病変ではないので心身不調であっても、検査の結果に問題は見つからないことが多いのが現状です。心身の不調は、例えば頭痛・耳鳴り・立ちくらみ・冷え・のぼせ・不整脈・不眠・イライラ・不安感・手足のしびれやふるえ・不整脈…など多岐にわたる症状を引き起こします。

自律神経とは
自律神経とは、「心臓を動かす」「血管を収縮させる・拡張させる」「ホルモンを分泌する」など、自分ではコントロールできない自動的に働く神経をいいます。人間の体は気温やストレスなど外的な刺激を受けた時に、「ホメオスタシス」という体内の状態を一定に保とうとする働きを供えています。自律神経はこのホメオスタシスの働きを担い、①精神②神経③内分泌④免疫の調整に働きます。

自律神経は2つの神経に分類される
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経に分類されています。交感神経は活動する神経で、副交感神経は休む神経。体の必要に応じて自動的に切り替わり働きます。
◎交感神経:車に例えるとアクセルの働きで、ストレスが多いとよく働きます。日の出とともに活動し出し、最も活発に働くのは昼間。夕方から夜にかけて徐々に働かなくなります。
◎副交感神経:車に例えるとブレーキの働きで、日の入りとともに活動し出し、最も活発に働くのは寝ている時。太陽が昇るとともに徐々に働かなくなります。

身体を修復する副交感神経
私たちの体内は常に動いているため、修復しなければいけない部分が出てきます。修復は副交感神経が動いていなければ行われないため、副交感神経を十分に働かせることが必要です。副交感神経が活発に働くのは寝ている時なので、病気になったらまず寝ること。副交感神経の働きを活発にすることが治癒の一番早い道となります。

自律神経失調症の4つのタイプ
自律神経のバランスが乱れたことで起こる自律神経失調症は、大きく分けて①体質的に自律神経の働きが乱れやすい「本能性型自律神経失調症」②心理的なことから起こる「神経症型自律神経失調症」③日常のストレスが原因の「心身症型自律神経失調症」④うつ反応から起こる「抑うつ型自律神経失調症」の4つのタイプに分類されます。

約半数を占める心身症型自律神経失調症
4つのタイプの中で一番多いのが、日常生活でのストレス(感情や疲れなど)を無理に抑える心身症型自律神経失調症です。自律神経失調症の約半数はこのタイプといわれており、現れる症状も重さも、人さまざまです。

治療方法
タイプにより異なるため、治療法も①薬物療法②心理療法③理学療法④セルフコントロール⑤ライフスタイルの見直し などさまざまあります。食事・睡眠・運動などの生活のリズムや、ストレスに耐える・心にゆとりを持つなどの自己管理を常に心がけることが大切です。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く