header
自律神経失調症の症状を緩和する栄養成分と食べ物

【ビタミンB群】
ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きを持っています。不足すると自律神経のバランスが崩れやすく、また強いストレスが続くと消費量が急激に増えるので、日常的にしっかり取るよう心がけましょう。ビタミンB群は互いに作用しあって働くので、バランスよく取ることが大切です。
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変える働きを持ち、不足するとイライラ・疲労感・記憶力低下・食欲低下などの症状を引き起こす。
食材:穀類(胚芽米や玄米)、米ぬか、豚肉、レバー、大豆、種実類(落花生・ごまなど)、ウナギ、カツオ、卵黄など
ビタミンB2 アミノ酸・脂肪・糖質を分解するのに必要なビタミン。
食材:ウナギ、レバー、納豆、卵、乳製品、牛乳など
ビタミンB6 たんぱく質や脂肪の代謝に働き、脳の神経伝達物質の合成に欠かせないビタミンで、興奮を抑える働きを持っている。不足するとイライラや記憶力低下などの中枢神経の障害を引き起こす。
食材:肉、魚(マグロ・鮭・サバ・サンマ、カツオなど)、大豆、種実、野菜(葉菜類)、バナナ、酵母、レバー、卵黄、黒砂糖など
ビタミンB12 悪性貧血予防に有効なビタミン。睡眠や覚醒のリズムを調整し、不足すると神経や精神に係る症状を引き起こす。
食材:魚(サンマ・イワシ・サバなど)貝類(シジミ・アサリ・ハマグリ・カキなど)、肉、牛乳、レバー、卵など
ナイアシン 糖質・脂質・たんぱく質の代謝に欠かせないビタミン。
食材:カツオ、ブリ、サバ、豆類、牛乳、果物など
葉酸 ビタミンB12とともに悪性貧血予防に働く。不足すると精神神経異常や胃腸障害なども引き起こす。
食材:ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜・酵母・胚芽・豆・肉類・卵・牛乳など
パントテン酸 「抗ストレスビタミン」とも呼ばれ、ストレスの多い人には欠かせない栄養成分。
食材:ほとんどの食品に含まれている。
【ビタミンC】
身体はストレスがかかると副腎皮質ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めます。ビタミンCは副腎皮質ホルモンの原料として使われるため、不足するとストレスが解消されずに溜め込まれてしまいます。ビタミンCはストレスが続くと大量に消費され、また水溶性なので1日数回に分けて摂取すると効果的です。
ビタミンCを多く含む食品
ほうれん草、ブロッコリー、パセリ、菜の花、キャベツ、ピーマン、いちご、グレープフルーツ、オレンジなど
【ビタミンA】
自律神経をコントロールして症状緩和に働きます。
ビタミンAを多く含む食品
牛乳、乳製品(チーズ・バターなど)、卵、緑黄色野菜など
【ビタミンE】
ビタミンA同様自律神経をコントロールして、症状緩和に働き、ホルモン分泌を調整します。神経の働きが向上し、ストレスに負けない身体が作られます。
ビタミンEを多く含む食品
穀物、豆類、種実類、緑黄色野菜など
【必須アミノ酸】
必須アミノ酸は自律神経をコントロールする働きがあり、ビタミンCが副腎皮質ホルモンを合成する時に、酵素として働きます。
必須アミノ酸を多く含む食品
肉類、魚類、牛乳、乳製品、豆腐、納豆など
【カルシウム】
神経の係わりと関係し、イライラを鎮めて不眠を解消し、神経の伝達機能神経の興奮を抑える働きがあります。
カルシウムを多く含む食品
牛乳、乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)、大豆製品、小魚(煮干・イワシ丸干し・チリメンジャコなど)、ヒジキ、ほうれん草、小松菜、ヒジキ、豆腐など
【マグネシウム】
ビタミンB群の働きを助ける役割があり、脳や神経の興奮を鎮め、精神を安定させ、うつ症状を緩和する働きがあります。
マグネシウムを多く含む食品
大豆、大豆製品(納豆・豆腐など)、バナナ、ヒジキ、昆布、ワカメ、ごま、アーモンド、落花生、カツオ、ほうれん草など
【マンガン】
神経過敏を和らげる働きがあります。
マンガンを多く含む食品
肉類、豆類、酵母、干ししいたけ、キウイフルーツなど
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く