header
夏バテ症状別の栄養素
夏バテと一口にいっても、生活スタイルによって、引き起こされる症状はさまざまです。
代表的な症状として、「ただ体がだるい」「食欲がない」「よく眠れない」などがあり、これらの症状が続くことで、体は緩慢に疲弊していきます。
それぞれの症状に効果的な栄養素を、体に有効に取り入れ、夏バテを防ぐ知識を持つことが大切です。基本の栄養素を覚えておきましょう。

「体がだるい・体が疲れやすい」症状の時
【ビタミンB1】
糖質を分解してエネルギーに変える働きがある。脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖代謝にかかせない。水溶性のビタミンなのでサプリメントで大量に取っても体外に排出されてしまうので注意。
※硫化アリルと一緒に取ると吸収が高まる。
ビタミンB1を多く含む食品
豚肉、胚芽米、ピーナッツ、そば、ごま、ロースハム、枝豆、ウナギ、カツオ、大豆など
【ビタミンB2】
脂肪や糖質の代謝を助ける働きがある。脂質の代謝がスムーズに行われないとエネルギーとして利用されずに、中性脂肪として溜まってしまう。
ビタミンB2を多く含む食品
卵、納豆、牛レバー、サバ、プロセスチーズ、干ししいたけ、ウナギの肝など
【ビタミンB6】
たんぱく質の代謝を助ける働きがある。神経伝達物質の合成に不可欠で、欠乏すると脳の機能に影響を与える。
ビタミンB6を多く含む食品
マグロ、鮭、サバ、サンマ、牛レバー、牛乳、胚芽米など
【ナイアシン(別名ビタミンB3・ニコチン酸)】
糖質をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンB1と一緒に不可欠な栄養素。二日酔いのもとになる「アセトアルデヒド」を分解し、除去する働きがある。
ナイアシン(別名ビタミンB3・ニコチン酸)を多く含む食品
カツオ、ブリ、サバ、タラコ、豚レバー、牛レバーなど
【クエン酸】
糖質をエネルギーに変える働きがある。
クエン酸を多く含む食品
レモン、梅干、グレープフルーツなど

「食欲不振」症状の時
【ビタミンA】
胃の粘膜を強化し、消化吸収力を高める働きがある。
ビタミンAを多く含む食品
ウナギ、鶏レバー、春菊、にんじん、にら、卵黄、パセリなど
【たんぱく質】
胃腸を強化する働きがある。
たんぱく質を多く含む食品
鶏肉、豚肉、牛肉、魚類、卵、大豆、牛乳など
【ビタミンU(別名キャベジン)】
細胞分裂を促して胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にする。胃酸の分泌を抑える働きがある。
ビタミンU(別名キャベジン)を多く含む食品
キャベツ(特に春もの)、セロリ、レタスなど

「寝つきが悪い・安眠できない」症状の時
【カルシウム】
大部分が骨や歯に含まれ、骨の成長とともに、神経の興奮を抑えて精神を安定させる。リンを多く取ると吸収が悪くなるので注意。
カルシウムを多く含む食品
牛乳、ヨーグルト、チーズ、煮干、ワカサギ、納豆、小松菜、海苔、凍み豆腐など
【ビタミンD】
カルシウムの吸収を高める働きがある。
ビタミンDを多く含む食品
鮭、サンマ、サバ、ウナギ、イワシ、アジ、干ししいたけ、まいたけなど
【マグネシウム】
約60%が骨に含まれ、カルシウムの働きを調整する。
マグネシウムを多く含む食品
ほうれん草、大豆、小豆、アーモンド、干しヒジキ、納豆、木綿豆腐、カツオ、バナナなど
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く