header
むくみを予防する食べ物
むくみは体の中に水分が溜まってしまうことにより引き起こされるため、予防には水分を排出する利尿作用の高い食品を取ると効果的です。
体の水分代謝には、カリウムとナトリウムが深く関係しています。体内にナトリウムが過剰になると余分な水分を溜め込みむくみが生じますが、カリウムを取ると、余分なナトリウムが尿として排泄され、むくみ解消に有効に働いてくれます。
特に日本の6~8月の高温多湿な時期には、体に水分が溜まりやすいので、日々の食事に利尿作用の高い食品を積極的に利用し、余分な水分を体内に溜めないようにしましょう。

カリウムが豊富で利尿作用が高い食品
豆類
<小豆>
カリウムとサポニンが豊富に含まれている。カリウムが余分な塩分や老廃物を排泄し、水分代謝をよくする。サポニンは血液中の脂肪を洗い流す働きがある。疲労回復に有効なビタミンB1を多く含んでいる。
<緑豆>
カリウム・サポニンを含み、利尿作用や解毒作用に優れている。豆類の中で一番多くカロテンを含んでいる。
<大豆・黒豆>
「畑の肉」と呼ばれるように良質なたんぱく質と脂質を含んでいる。レシチンやサポニンがコレステロールを洗い流し、利尿作用に働く。

穀類
<はと麦>
穀類の中でもっとも栄養価が高く、体内の新陳代謝を活発にする働きに優れている。体内の老廃物を排泄し、腎臓の働きを高めて利尿作用を発揮する。シミやシワを予防し美肌効果も高い。

野菜類
<そら豆>
カリウムを豊富に含み、胃腸を丈夫にする。腎臓の機能を高める働きに優れており、尿の出をよくしてむくみを予防する。ビタミンやミネラルをバランスよく含み、特にビタミンB2は「成長・美容ビタミン」と呼ばれ、子どもの成長を促し健康な皮膚や髪を作る働きを持っている。
<冬瓜> 成分の96%が水分で、利尿、解熱、解毒などの作用があるとして古くから利用されてきた。中医学では「体を冷やす性質」があるといわれ、水太り気味の予防に効果が高い。
<とうもろこし> カリウムが体内の余分なナトリウムを排泄し、血圧を下げ利尿作用を高める。特にヒゲ部分は利尿作用に優れ、中医学では慢性腎炎の治療に利用されている。
<きゅうり> 成分の96%が水分で、カリウムを含んでいる。血圧を正常に保つと同時に、手足のむくみを解消し、「煮る」と効果がより一層高まる。

魚介類・藻類
<海苔>
豊富なカリウムが利尿作用に働き、むくみを予防する。ビタミンAの含有量は海藻中ではトップクラスで、たんぱく質は大豆に匹敵する量を含んでいる。
<アサリ> 喉の渇きを癒し、利尿作用に優れている。豊富に含まれる鉄やビタミンB12が貧血を予防し肝臓強化に働く。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く