header
むくみのメカニズムと原因

むくみとは
むくみとは、「細胞と細胞の間に余分な水分が残ってしまう状態」をいいます。

細胞と細胞の間に存在する水分を「間質液」という
私たちの体は約60%の水分と40%の様々な栄養成分で構成されています。水分の約70%は細胞内に含まれ、約30%は細胞外に存在しています。
細胞外に存在する約30%の水分の内訳ですが、25%が血液。残り75%が細胞と細胞の間に存在しており、「間質液」と呼ばれています 。

健康だと間質液は静脈に戻る
間質液は健康な状態の場合、リンパ管に入ってリンパ液になり、静脈の血管に排泄されます。しかし、①リンパ液の流れが滞る ②リンパ液が血管に戻らない ③間質液がリンパ液に代謝されない など何らかの原因が発生すると、細胞と細胞の間に過剰な水分が溜まり、むくみを引き起こします。

原因の多くは生活習慣
過剰な間質液の原因として、「水分の取過ぎ」「塩分の取過ぎ」「冷え」「運動不足」「睡眠不足」などの生活習慣が考えられます。しかし、心臓病・腎臓病・肝硬変などが原因でむくみが起こることもあるので、むくみが続く場合は病気を疑ってみることも大切です。

アルコールの飲み過ぎに注意
また、アルコールの飲み過ぎもむくみの原因になるので気をつけましょう。アルコールは血管を膨らませる働きがあるため、通常よりも水分が細胞間に多く出されます。しかし静脈やリンパ管は通常を越えた過剰な水分を運ぶことができないため、細胞間に余分な水分が溜まってしまい、むくみの現象として表れます。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く