header
紫外線とは

紫外線とは
紫外線はUV(Ultra Violet ray)と呼ばれ、地表に届く光の中でもっとも波長が短いものをいいます。目に見えない太陽光の一部で、季節・時刻・天候などでその量は変化します。

紫外線の種類
紫外線は波長の長さによって、A・B・Cの3種類に分けられ、それぞれUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれています。
UV-C=オゾンなどの大気層で吸収されるため地表には届かない紫外線
UV-B=ほとんどは大気層で吸収されるが、一部が地表に到達する。オゾン層の変化に影響される。日焼けを起こし、皮膚や眼に有害に働く
UV-A=大気層ではほとんど吸収されず、地表に到達する。UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びると健康に影響が出ることもある。

オゾン層の変化に影響されるUV-B
地球の周りはオゾン層で取り囲まれています。このオゾン層があるため、太陽からの紫外線は地球の外側に反射され、私たち地球上の動・植物は安全に生きていくことができています。しかし、近年の大量のフロンガスによってこのオゾン層に穴が開き(オゾンホールと呼ばれている)、紫外線は反射されず、地表に到達するような現象が発生しています。オゾン層の破壊により、特にUV-Bの増加が見られ、皮膚がんや白内障多発などを引き起こし、その危険性が問題視されています。

紫外線の反射率
紫外線は地表面の種類によって反射率が異なってくるので気をつけましょう。反射率は新雪=80%、砂丘=10~25%、コンクリート・アスファルト=10%、水面=10~20%、草地・芝・土=10%以下といわれています。スキーシーズンの冬場は紫外線が弱まる時期ですが、反射率が高いため紫外線被曝が高く、注意が必要です。

紫外線の強さ
太陽が真上に来るほど強い紫外線が地表に届きます。一日のうちでは正午をはさむ数時間、一年の内では春から初秋にかけての時期で、日本では6~8月が最も強くなります。また、標高が高いと空気が薄いため、紫外線は強くなり、砂丘も反射が強いため紫外線が強くなります。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く