header
シミとシワの原因

シミの原因
シミは「メラニン色素が皮膚内部に留まり、色素として沈着したもの」をいいます。
原因として以下が考えられます。

①紫外線の浴び過ぎ
②老化現象
③化粧品などのかぶれ
④妊娠や生理不順を原因とするホルモン異常

若い時は皮膚の構造がしっかりし、新陳代謝も活発です。そのため真夏に太陽の光を浴びて真っ黒になっても秋頃にはもとの肌に戻っています。これは紫外線を浴びると表皮は紫外線を遮ろうとしてメラニン色素を作るためで、表皮はメラニン色素に覆われ肌は黒くなります。しかし新陳代謝が活発なのでメラニンはどんどん垢となって剥がれ落ち、夏が終わる頃には肌は日焼け前に戻ります。しかし、新陳代謝が衰えていくと、メラニン色素は皮膚内部に留まってしまい、色素として沈着して「シミ」となっていきます。寝不足などの不規則な生活も然りで、若い時の不規則な生活は新陳代謝によりシミを予防してくれますが、新陳代謝が衰えると一気にシミが表れてきます。老化現象によるシミは、人誰しも出てくるものですが、出てくる時期はそれぞれです。紫外線を予防する、新陳代謝を高める、シミを予防する栄養素を取るなど、日常生活に気を配ることでシミの発生は遅らせ予防することができるのです。

シワの原因
シワは加齢により真皮の線維組織が変化し、表皮のハリを支えることができなくなることによって生じてきます。
原因として以下が考えられます。

①皮膚機能の低下
②紫外線の浴び過ぎ

皮膚は加齢により皮膚組織全体の機能が低下し、水分が減少して乾燥してきます。乾燥すると皮膚の老化が早まり、コラーゲンやエラスチンの働きが衰え「シワ」が発生します。シワになりかかったところに紫外線があたると、コラーゲンが減少し、エラスチンは不規則に乱れて柔軟性を失い、シワはそのまま固定され刻まれていきます。
シワができやすい部分は目や口のまわりなど、皮膚が薄く、皮脂の分泌が少なく、筋肉の運動量が多い場所です。
シワはシミ同様、老化現象で出てくるものですが、紫外線による影響が大きいので、特に加齢に応じて紫外線の予防に気をつけましょう。
footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く