header
カレーの歴史
カレーは「スパイシーなソース」
カレーはインドを発祥とする「さまざまなスパイスをブレンドして作られた混合香辛料」のことで、タミール語の「カリ=ソース・汁の意味」が名前の由来といわれています。日本ではカレーといえば料理名ですが、インドでは「カレー」という名の料理は存在しません。カレーは料理名ではなく、「スパイシーなソース」を指す言葉です。
インドでは、地域、家庭、主材料によって、そのつど数種類のさまざまなスパイスをブレンドしてカレーの味を作り、そのカレースパイスを使って料理を作ります。家庭ごとに異なる味を持つため、カレーはインドでは「家庭の味」であり「お袋の味」。カレースパイスを使った料理は、もっとも頻繁に登場するインドの食べ物です。

世界初のカレーパウダー
インドで主食として食べられていたカレーをヨーロッパに伝えたのは、インドを植民地として統治していたイギリス人。東インド会社のイギリス人によって18世紀にイギリスに伝わり、その1世紀後の19世紀に、イギリスで世界最初のカレーパウダーが作られました。通称「C&B」と呼ばれるクロス・アンド・ブラックウェル社のカレーパウダー誕生を機に、カレーはヨーロッパに浸透していきました。

カエルと長ねぎで作られた日本のカレー
日本人とカレーの出会いは明治の初期で、文明開化に伴いイギリスから伝わりました。当時の『西洋料理指南』(1872年/明治5年)という料理本にカレーの作り方が紹介されていますが、その中で材料として長ねぎやカエルが登場しています。
C&B社のカレーパウダーは貴重品。そのため当時のカレーは高価な西洋料理で、庶民の口に簡単に入る料理ではありませんでした。しかし、国産の安いカレーパウダーが作られ、また材料である玉ねぎやじゃがいもなどが国内でたくさん作られるようになると、カレーは庶民の食卓にどんどん登場するようになりました。
インドで生まれ、イギリス経由で伝来した料理ですが、日本人の嗜好に合うように独自の発展を遂げ、今や国民食と呼ばれるまでの人気の家庭料理になっています。

「カレーライス」と「ライスカレー」
カレーライスもライスカレーもどちらもカレーとごはんを一緒に食べる料理です。が、その違いは?というと、カレーライスはカレーとごはんが別々に供され、ライスカレーはごはんの上にカレーがかけられて供されると、一般に大別されています。
始めはライスカレーという言い方が一般的で、その後カレーライスと呼ばれるようになったともいわれており、名称転換時期は東京オリンピック開催前年頃と伝えられています。
オリンピック開催当時の日本の食生活は、どんどん豊かになってきた頃です。その豊かさの表れが、それまでのカレーが持っていた、ごはんにカレーをかける庶民的で経済的な「汁かけごはん」のイメージから、本格料理のカレーへと変貌させ、名称を変更させていったのでしょう。この頃から、ライスカレーはカレーライスという言葉に転換されていったと考えられています。

福神漬けとの出会い
カレーの付け合せ定番の福神漬け。この絶妙な出会いはいつ始まったのでしょうか。
福神漬けは1886年(明治19年)、東京上野の老舗漬け物屋で売り出された漬け物ですが、この福神漬けをカレーの付け合わせとして考案したのは、日本郵船の外国航路の食堂であるといわれています。
当時のカレーには「チャツネ」(インドの保存食。甘酸っぱい果物で作るジャム状のもの)が付け合わせとして添えられていましたが、ある時チャツネを切らしてしまい、急遽福神漬けを添えた所、思いのほか好評で、それ以降福神漬けが付け合せとして定着したと伝えられています。
footer

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ