header
ひき肉を上手に扱うコツ
硬い部分も、端切れ部分の肉も無駄なくおいしく調理することができ、さらに廉価で、調理方法ものばす・丸める・ほぐすなどとバラエティに富んでいるひき肉ですが、表面積が広いため傷みやすいという欠点があります。扱い方のコツを覚えておくと、栄養価を失うことなくおいしく調理することができます。

購入したらできるだけ早く使うこと
表面積が広いため、傷みやすいのがひき肉の欠点。水分が多い鶏肉、豚肉、牛肉の順に品質が劣化していきます。基本は買ってきたその日に使い切るのがベストですが、数日後に使う場合は冷凍保存にしましょう。

冷凍する時は薄くのばして、空気をよく抜く
冷凍する時は、フリーザパックに入れ、薄くのばしながら、中の空気を抜くように押さえつけ、口を閉じて密閉させます。空気は肉のたんぱく質や脂肪を酸化させる働きがあるからです。また、空気が入っていると冷凍する時の温度の伝達が悪くなり、冷凍に時間がかかります。トレイに入って売られているものは、中に空気が入っているので、そのままの状態で冷凍しないように注意しましょう。フリーザパックに薄くのばし、上から箸などで小分けにしておくと、使いたい分だけ使えて便利。保存の目安は1ヵ月以内で。

冷凍する前に温度を下げる
冷凍する前に、冷蔵庫で温度を下げておくと、冷凍するまでの時間を短縮することができます。冷凍に要する時間が短いほど、品質を保つことができます。

冷水につけて冷蔵庫で解凍する
肉汁を逃がさないように、細菌の増殖を防ぐためにも、低温で解凍するのがベストです。冷凍した肉を冷水につけ、そのまま冷蔵庫に入れて解凍すると、細菌の増殖による肉の変質を抑えることができます。薄くのばして冷凍すると、解凍する時間が短くなります。

再冷凍はしないこと!
一度解凍した肉は、再冷凍しないこと。鮮度が失われるばかりでなく、品質も劣化するので注意しましょう 。

調味して冷凍すると便利
玉ねぎと炒め、塩・こしょうで下味をつけて冷凍しておくと、オムレツやミートソース、コロッケなど、色々な料理にすぐに応用できて便利です。冷凍する時は薄くのばして冷凍します。

酢少々を加えて、菌の増殖を防ぐ
ひき肉を使った料理を作る時に、酢を少々加えると菌の増殖を押さえる効果があります。目安はひき肉100gに対して酢小さじ1弱。とくに火の通りが心配なハンバーグなどにはおススメです。

footer

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ