戻る
  • レタスのビタミンEが老化を防止し、若さを保つ
  • レタスチャーハン
header
「レタスチャーハン」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
エネルギー:
533kcal
塩分:
1.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
風邪、疲労回復、老化防止、美肌


材料
食材 (2人分)
レタス 100g
豚ひき肉 50g
ごはん 茶碗3杯分(軽く)
にんにく 1片
しいたけ 1枚
にんじん 3cm
落花生(刻んだもの) 大さじ1分
オリーブ油 大さじ1
しょうゆ 適量
塩、こしょう 各適量

footer

header
① レタスは細切りにする。
② にんにくは薄いスライスにする。
③ しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸はみじん切りにする。
④ にんじんはみじん切りにする。
⑤ 中華鍋にオリーブ油を熱しにんにくを炒め、香りが出たら豚ひき肉を入れて炒める。ポロポロになったら③、④を加えて炒め、塩、こしょうをする。
⑥ ⑤にごはんを入れよく炒め、塩、こしょうで味を整え、①と落花生を加えさっと混ぜ合わせる。
⑦ 鍋肌に沿ってしょうゆを回し入れて味をつけ、できあがり。
footer

header
たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン類やミネラル類がバランスよく取れる一品です。レタスのビタミンCとにんじんのβ‐カロテンの働きで粘膜が強化され、風邪予防や美肌が期待できます。レタスのビタミンEと落花生の脂質が老化を予防して若さを維持。豚肉のビタミンB1の吸収をにんにくのアリシンが高めるので、疲れが取れ、元気が出ます。
footer
header
●クッキング用語
「鍋肌に沿って入れる」
鍋肌は鍋の内側の面のこと。この内側の面に沿って調味料を入れることをいいます。調味料を直接具にかけずに熱い鍋肌にかけることで、一瞬の内に水分が飛び、香ばしさが際立ちます。また、調味料を直接かけるとかかった部分だけ味が濃くなりがちですが、鍋肌から入れると味をまんべんなくつけられます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ