戻る
  • カレイの動脈硬化予防効果を、レタスとクコの実が補う
  • カレイのレタス蒸し巻き
header
「カレイのレタス蒸し巻き」の画像
所要時間:
20 ~ 25 分
エネルギー:
156kcal
塩分:
2.2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化


材料
食材 (2人分)
カレイ(切り身) 2切れ
レタス(大きめの葉) 4枚
しいたけ 1個
クコの実 20粒
バター 小さじ2(8g)
酢しょうゆ 適量
レモン(好みで) 1/2個

footer

header
① カレイは1切れを2つに切り骨を取り除き、塩、こしょうを振る。
② レタスは熱湯にさっと通す。
③ しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸を細切りにする。
④ クコの実は水で戻しておく。
⑤ レタスの上にカレイ1/2切れと、③と④とバター小さじ1/2をのせ、包む。4個作る。
⑥ ⑤を皿にのせ蒸気の立った蒸し器に入れ、中火で10分蒸す。
⑦ 器に盛り、くし型のレモンを添え、酢しょうゆでいただく。
footer

header
カレイのカルシウムは、カレイが含有するビタミンDにしいたけのビタミンDがプラスされて吸収率が高まり、骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症予防に効果を発揮します。カレイのタウリンとレタスのカリウムが高血圧や動脈硬化の予防に働き、クコの実をプラスすることでその効果はさらに高まります。クコの実には抗酸化力の高いカロテンが豊富に含まれています。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ