戻る
  • 免疫力を強化する
  • ひじき入りののこ飯
header
「ひじき入りののこ飯」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
(米を漬けている時間と炊く時間は除く)
エネルギー:
492kcal
塩分:
2.8g
※栄養価などは1人分の値。
効能
免疫力強化、コレステロール低下、動脈硬化、骨粗鬆症


材料
食材 (4人分)
ひじき(生) 60g
にんじん 40g
ごぼう 40g
しらたき 40g
ちくわ(小) 1本
もち米 1カップ
油揚げ 4枚
A 水(もち米を漬けていた水) 1カップ
砂糖 大さじ3
しょうゆ 1/4カップ

footer

header
① もち米は研ぎ、たっぷりの水に漬け(3時間くらい)、水気をきる。
② 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、短い方を一辺切り、細長い袋状にする。
③ ひじきはさっと水洗いし、水気をきる。
④ しらたきは熱湯でさっとゆで、3cm長さに切る。
⑤ にんじん、ちくわはみじん切りにする。
⑥ ごぼうは皮をこそげ、ささがきにして水に放し、水気をきる。
⑦ ボウルに①、③、④、⑤を入れてよく混ぜ、油揚げに詰め、口を楊枝で留める。同じものを4つ作る。
⑧ 炊飯器に⑦を重ならないように並べ、Aを加えて炊く。
⑨ 食べやすい大きさに切り分け、器に盛る。
footer

header
ののこ飯は鳥取県弓ヶ浜地方の郷土料理で、「ののこ」とは「布子=木綿の綿入れ」を意味しています。イソフラボンを豊富に含む油揚げに、食物繊維を含むひじき・しらたき・ごぼう、カロテンを含むにんじん、ちくわのたんぱく質に米の糖質をプラスされた栄養バランスに優れた一品で、体力を強化し免疫力を高めます。コレステロール値低下に働き、動脈硬化の予防にも優れ、ひじきと油揚げのカルシウムが骨粗鬆症の予防に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
貧血やイライラに効く「ひじき煮」
ひじきには鉄分やカルシウムを始めとするミネラル類が多く含まれています。日常的に取ることで、貧血や精神安定に効果的です。ひじきとれんこんの煮付けは咳に効くといわれています。
[作り方]
水洗いしたひじきを好みの調味料で煮る。適量を食事の時に食べる。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

喉の痛みを緩和する「ごぼうのおろし汁」
ごぼうに含まれるタンニンは消炎作用や抗菌作用を持っています。おろした絞り汁にはタンニンの効能が豊富に含まれており、煎じたものでうがいをすると、口内炎にも効果があります。
[作り方]
ごぼうはよく洗い、皮付きのままおろす。ガーゼなどに包んで絞り、絞った汁を1日3回飲む。1回分は大さじ1くらいでよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ