戻る
  • 高い抗酸化力が、がん予防に働く
  • にらのタラコ和え
header
「にらのタラコ和え」の画像
所要時間:
20 ~ 25 分
エネルギー:
122kcal
塩分:
0.9g
※栄養価などは1人分の値。
効能
抗がん作用、抗酸化力、便秘、コレステロール低下


材料
食材 (2人分)
にら 50~60g
にんじん 4cm
しらたき 80g
タラコ 1腹(25~30g)
大さじ1
サラダ油 大さじ1
A 酒、みりん 各大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/2

footer

header
① にらは3cm長さに切る。
② にんじんは4cm長さの細切りにする。
③ しらたきは4cm長さに切り、熱湯でさっとゆで、水気をきる。
④ タラコは身をしごき出し、酒を振る。
⑤ 鍋に油を熱してにんじんを炒め、④を入れたら弱火にして炒め、①、③を加えてさらに炒め、タラコが全体にまぶされたら、Aを加えてひと混ぜする。
⑥ 器に盛る。
※タラコを入れて炒める時は、はねやすいので火を弱めるとよい。
footer

header
にらのカロテン・ビタミンC・セレンと、にんじんのβ‐カロテンを一緒に取と、抗酸化力の高い抗がん作用に優れた食べ合わせになります。抗がん作用は、タラコに豊富に含まれるビタミンAがプラスされることでさらに高まります。しらたきに多く含まれる食物繊維が腸の働きを高めて便秘を予防し、血中コレステロールの上昇を抑えます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く