戻る
  • 高い抗酸化力が細胞の酸化を防ぐ
  • スナップえんどうと鮭の炒め物
header
「スナップえんどうと鮭の炒め物」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
(きくらげを水で戻す時間は除く)
エネルギー:
131kcal
塩分:
1.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
便秘、抗酸化力、抗がん作用


材料
食材 (2人分)
スナップえんどう 100g
鮭(切り身) 2切れ
きくらげ(乾燥もの) 4g
にんにく、しょうが 各1/2片
水溶き片栗粉 適量
A 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
塩、こしょう 各少々

footer

header
① スナップえんどうは、筋を取る。
② 鮭は食べやすい大きさに切る。
③ きくらげは水で戻し、手で石づきをちぎり、食べやすい大きさに切る。
④ にんにくとしょうがはみじん切りにする。
⑤ フライパンに油を入れ、④を炒め、香りが出たら鮭を加えて両面を焼くように炒める。
⑥ ⑤に③、①を入れてさっと炒め、水100CC(分量外)を加える。
⑦ ⑥が煮立ったらAを入れて味を調え、水溶き片栗粉を回し入れトロミをつける。
footer

header
スナップえんどうときくらげの食物繊維が、腸の働きを整え便秘予防に有効に働きます。また、スナップえんどうのカロテン、鮭のアスタキサンチンはともに抗酸化力が高く、にんにくとしょうががプラスされることで、抗酸化力がさらに高まり、細胞の酸化を防いで抗がん作用に働きます。きくらげの食物繊維は胃の中で水を吸収して膨らむため、満腹感が得やすくダイエットに向く食材です。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ