戻る
  • 酢漬けのらっきょうは、血液浄化作用が高い
  • らっきょうサラダ
header
「らっきょうサラダ」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
エネルギー:
80kcal
塩分:
2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
食欲不振、疲労回復、血液サラサラ、動脈硬化


材料
食材 (2人分)
らっきょう(酢漬け) 25g
グリーンアスパラガス 3本
ロースハム 2枚
大根 2cm
和風ドレッシング 適量

footer

header
① らっきょうは薄い輪切りにする。
② グリーンアスパラガスは熱湯でゆで、斜め細切りにする。
③ ロースハムと大根は細切りにする。
④ ボウルに①、②、③を入れて混ぜ合わせ、ドレッシングで和える。
footer

header
酢漬けのらっきょうは食欲増進、疲労回復、血液浄化作用がより一層高まる食品です。大根の消化酵素とアスパラガスのアスパラギン酸、双方に含まれる食物繊維を一緒に取ると、胃腸の働きがさらに整えられ、コレステロールが低下し、動脈硬化の予防に有効な食べ合わせになります。ロースハムでたんぱく質を補い、アスパラガスのカロテンはドレッシングの脂質で吸収率が高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
腹痛に効果がある「らっきょうの煎じ汁」
らっきょうには食欲を増進させ胃のもたれを解消する働きがあります。また食物センイが腸の働きを整え、冷えによる腹痛を鎮める働きを持っています。
[作り方]
生らっきょうは根を切り落とし、水で洗ってから輪切りにして天日で干す。乾燥したらっきょう10gに対して水300mlを加え、半量になるまで弱火で煎じる。数回に分けて一日で飲む。

心臓の停滞による胸の痛みに効果がある「らっきょうの粉末」
らっきょうは漢方では「がいはく」と呼ばれ、胸の圧迫や狭心症の痛みに対して効果があるとされ、心臓に効くとされています。
[作り方]
生らっきょうは根を切り落とし、水で洗ってから薄い輪切りにして天日で干す。完全に乾燥したらっきょうを粉末にして服用する。

せきやたん、喉の痛みに効く「大根あめ」
ビタミンCが豊富な大根は昔からせきやたんを鎮静する食材として利用されていました。風邪によるせきやたん、喉の痛みによく効きます。
[作り方]
大根はよく洗い、皮ごと薄いイチョウ切りにする。ビンに大根を入れはちみつをヒタヒタに注ぐ。大根から水が出て浮き上がってきたらできあがり。大根を取り出して、透明な液を飲む。1回に飲む分量は小さじ1杯位で、1日数回飲むとよい。冷蔵庫で保存する。

ニキビに効く「大根のおろし汁」
毛穴に皮脂が詰まり、細菌が感染するニキビは、まず、清潔にすることが大切です。大根をおろした時の特有の辛みは硫黄を含んだ化合物で除菌効果があり、脂肪を分解する効果もあり、ニキビ退治に効果的です。
[作り方]
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4~5分付ける。顔を洗ってから付けるとよい。湯上りだと毛穴が開いているので効果的。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ