戻る
  • 夏の体力強化におススメの一品
  • なすとオクラのサバカレー
header
「なすとオクラのサバカレー」の画像
所要時間:
30 ~ 40 分
エネルギー:
507kcal
塩分:
4.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
体力強化、食欲増進、免疫力


材料
食材 (2人分)
オクラ 10本
なす 1個
サバ(3枚おろし) 片身分
玉ねぎ 1個
トマト 1個
にんにく 1片
しょうが 1片
ローリエ 1枚
野菜ジュース(あるいはトマトジュース) 1缶(190g)
カレールウ 50g
ソース・しょうゆ 各大さじ1/2
塩・こしょう 適量
オリーブ油 大さじ1と1/2

footer

header
① オクラはヘタの部分を切り落とし、さっとゆでる。
② なすはヘタの部分を切り落とし、乱切りにして水に放す。
③ サバは2cm幅の斜め切りにし、全体に片栗粉をまぶして、カラッと揚げる。
④ 玉ねぎとトマトは1cm角に切る。
⑤ にんにくとしょうがは薄切りにする。
⑥ 厚手の鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎをよく炒め、②と⑤を加えてさらによく炒める。
⑦ ⑥に3カップの水(分量外)、野菜ジュース、トマト、ローリエを加えて弱火でコトコト煮る。
⑧ ⑦の水分が半分になったら火を止め、カレールウを加えて溶かす。ソースとしょうゆを入れ、塩・こしょうで味を調える。
⑨ ⑦に①と③を加え、さっと煮立て全体に味をなじませ、火を止める。
footer

header
さばは昔から消化・吸収の優れた栄養魚として、体力の落ちた時に食べられていた魚です。一方、オクラも夏バテなどで胃腸が弱った体を回復してくれるスタミナ野菜。栄養素たっぷりの旬のサバとオクラのカレーは、たんぱく質の消化を高めて体力を強化し、食欲増進に働く一品です。抗酸化力にも優れ、免疫力強化にも効果を発揮します。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
歯痛を治す「なすのヘタの黒焼き」
ビタミンCやPを含むなすは、口内炎や歯痛、歯槽膿漏の予防に効果があります。
[作り方]
アルミホイルになすのヘタを並べ、オーブンで炭になるまで黒焼きにする。冷えたらすり鉢でよくすり潰し、同量の自然塩を加えてよく混ぜ合わせる。歯痛の部分にこすりつける。歯茎につけてこすると、歯槽膿漏の予防になる。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ