戻る
  • 体力や免疫力の強化に働く
  • きゅうりのサバ蒸し
header
「きゅうりのサバ蒸し」の画像
所要時間:
30 ~ 40 分
エネルギー:
140kcal
塩分:
1.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
体力強化、免疫力、利尿


材料
食材 (2人分)
サバの切身 60g
きゅうり 3本※太い場合は2本
木綿豆腐 1/4丁
ホールコーン(缶詰) 大さじ1
あさつき(小口切り) 大さじ1
小麦粉 小さじ1
A だし汁 1カップ
小さじ1/2
少々
しょうが汁 小さじ1
しょうゆ 少々(色をつける程度)
水溶き片栗粉 適量

footer

header
① きゅうりは縦半分に切り、2等分に切る。種をくりぬき、軽く塩・こしょうを振る。
② 豆腐は軽く水切りする。
③ サバの切り身は粗く刻む。
④ ボウルに③、豆腐、ホールコーン、あさつきを入れ、手でネバリが出るまでよく混ぜる。
⑤ ①のきゅうりの水気を拭き内側に小麦粉を振り、④をこんもりと乗せる。表面は手に水をつけてなでるときれいに仕上がる。
⑥ 蒸気の立った蒸し器に、皿に乗せた⑤を入れ、中火で7~8分蒸す。
⑦ あんを作る。鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてトロミをつける。
⑧ 器に盛り、⑦のあんを回しかける。
footer

header
サバは良質なたんぱく質と脂質を含み、消化吸収に優れた栄養魚として食されてきた魚です。動物性たんぱく質のサバと植物性たんぱく質の豆腐は、アミノ酸スコアに優れ、血や肉を作り体力や免疫力強化に働きます。ホールコーンの過酸化脂質の増加を防ぐ働きが、免疫力をより一層高めます。きゅうりの持つ利尿効果は、生よりも煮た方が高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
あせもを治す「きゅうりの切り口」
きゅうりに含まれる苦みが、ひどいあせもも治します。
[作り方]
きゅうりの切り口に塩をつけて、あせもの部分をこする。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ