戻る
  • シジミのメチオニンやタウリンが肝臓の機能を高める
  • シジミの炊き込みごはん 
header
「シジミの炊き込みごはん 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
481kcal
塩分:
2.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
肝臓、貧血


材料
食材 (2人分)
1.5カップ
シジミ(殻付き) 250g
シジミの煮汁 2カップ
にんじん 20g
A 薄口醤油 大さじ1杯
少々
みりん 大さじ1/2杯
大さじ1/2杯
黒ごま、くるみ(ともに粗く刻む) 各適量

footer

header
① シジミは塩水に漬けてよく砂出しをし、ていねいにこすり洗いをする。
② シジミを沸騰した湯に入れて加熱し、殻が開いたら火を止め、シジミを取り出す。※冷凍シジミの場合は水から入れて加熱する。
③ シジミの身を殻からはずす。汁はこして冷ます。
④ にんじんは粗いみじん切りにする。
⑤ 炊飯器に研いだ米を入れ、にんじん、A、シジミの煮汁2カップを入れ、普通に炊く。
⑥ 炊き上がったらシジミの身を加え、さっくり混ぜて蒸らす。
⑦ 器に盛り、好みでごまやくるみを飾る。
footer

header
シジミはたんぱく質・ビタミンB群・カルシウムなどを豊富に含み、必須アミノ酸の一種であるメチオニンや遊離アミノ酸のタウリンが肝臓の機能を高めるため、肝臓病に優れた効果を発揮します。豊富なビタミンB12や鉄分も豊富なので、貧血気味の方にもおススメです。シジミの独特のうまみや香味を味わうために、調味料は控えめにし、またシジミは加熱すると身が固くなるので、炊き上がったごはんに混ぜていただきます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ