戻る
  • アジのカルシウムとしいたけのビタミンDが、カルシウム吸収率を高めて骨や歯を強化
  • アジの春巻
header
「アジの春巻」の画像
所要時間:
30 ~ 40 分
エネルギー:
379kcal
塩分:
3.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、健脳、骨粗鬆症


材料
食材 (2人分)
アジ(中) 2尾
たまねぎ 1/2個
干ししいたけ 2枚
青しそ 3枚
しょうが 1片
ミックスチーズ 大さじ2
片栗粉 小さじ1
春巻の皮(ミニサイズのもの) 10枚
パセリ(付け合わせ用) 適量
揚げ油 適量
水溶き小麦粉 適量

footer

header
① アジは三枚におろし、しょうゆ(分量外)に漬け(10分位)、粗く刻む。
② たまねぎ、水で戻して石づきを取った干ししいたけ、青しそはみじん切り。しょうがはすりおろす。
③ ボウルに①、②、チーズを入れて混ぜ合わせ、片栗粉を加えてまとめる。
④ ③の具を10等分にして春巻の皮で巻く。巻き終わりは水溶き小麦粉でとめる。
⑤ 160~170℃位の揚げ油に、巻き終わりを下にして春巻を入れ、きつね色に揚げる。
⑥ 食べやすく切って器に盛り、パセリを添える。
⑦ 好みで酢・しょうゆ・ラー油を混ぜたたれにつけていただく。
footer

header
アジの脂質に含まれるEPAには血中コレステロールを下げる働きがあり、DHAには学習能力を高める働きがあります。カルシウムも豊富に含まれ、しいたけのビタミンDと一緒に取ると、カルシウム吸収率が高まり、骨や歯が強化され骨粗鬆症の予防に有効な食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ