戻る
  • 旬のトマトの栄養素をギュッと閉じ込める保存食
  • 生トマトで作るトマトソース 
header
「生トマトで作るトマトソース 」の画像
所要時間:
30 ~ 40 分
エネルギー:
444kcal
塩分:
1.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、動脈硬化、高血圧


材料
食材 (2人分)
トマト(完熟したもの) 800g強
にんにく 1片
たまねぎ 1/2個
オリーブ油 大さじ4
小さじ2/3
こしょう 少々
ハーブ(バジル、ローレル、オレガノなど) 適量

footer

header
① トマトのヘタをくり抜き、熱湯に通す。皮がめくれてきたら、冷水にとって冷まし、皮をむく。
② トマトをざく切りにする。種は取り除かないで一緒に使う。
③ にんにく、たまねぎはみじん切りにする。
④ フライパンに、にんにくとオリーブ油を入れて、弱火で焦がさないように香りが出るまで炒める。香りが出たらたまねぎを加え、さらによく炒める。
⑤ トマトを加えて軽くまぜ、塩、こしょう、好みでバジルなどのハーブを加え、蓋をせずに中火で10~15分煮込む。
⑥ 途中アクは取らない。アクをとらずに煮込むと色鮮やかに仕上がる。
footer

header
トマトのリコピンとにんにくのアリシンは高い抗がん作用を発揮する成分です。たまねぎに含まれる硫化アリルは血中の悪玉コレステロールを減らす働きを持っています。トマト・にんにく・たまねぎの食べ合わせは、動脈硬化や高血圧の予防に有効に働きます。旬の時期にたくさん作り、冷凍しておくといつでも簡単にトマト料理が楽しめます。
footer
header
●基本のクッキング用語
「アク」ってなに?
アクとは野菜に含まれる渋味やえぐ味で、うま味を損なってしまう成分。また、野菜の切り口を変色させてしまう物質のことをいいます。火山国の日本の土壌の大半は酸性で、そのため、自然界の植物にはアクが含まれています。このアクを取る知恵として、日本では古来より「灰を水に浸した上澄」が利用されており、そのためアクは漢字で「灰汁」と表記されます。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ