戻る
  • 粘膜が強化され健康な肌を作る。夏バテにも有効
  • さやいんげんと豆腐の海苔サラダ 
header
「さやいんげんと豆腐の海苔サラダ 」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
エネルギー:
180kcal
塩分:
1.7g
※栄養価などは1人分の値。
効能
美肌、コレステロール低下、夏バテ


材料
食材 (2人分)
さやいんげん 100g
木綿豆腐 1/2丁
ツナ缶(小) 1缶
たまねぎ(小) 1/2個
海苔(板海苔) 1枚
和風ドレッシング 適量

footer

header
① いんげんは筋を取り、かためにゆでて、食べやすい長さの斜め切りにする。
② 豆腐はさっとゆで、手でくずし、水気をきっておく。
③ たまねぎは薄く切り、水にさらし(1~2分)、軽く絞る。
④ 海苔は手で細かくちぎる。
⑤ ボウルにいんげん、豆腐、たまねぎ、汁気をきったツナ、海苔を入れ、ドレッシングで和える。
footer

header
さやいんげんと海苔のカロテンとビタミンC、豆腐の植物性たんぱく質とツナの動物性たんぱく質、たまねぎの硫化アリルが粘膜を強化し健康な肌を作り、コレステロール低下にも働きます。疲れを取る働きにも優れ、夏バテ予防にも有効です。
footer
header
●ワンポイント知識!
「たまねぎは水にさらしすぎないこと」
たまねぎのツンとくる刺激臭は硫化アリルという成分で、ビタミンB1の吸収を促進するので、疲れを取ったり、新陳代謝を高めるなどの優れた働きがあります。しかし、水溶性なので長く水に漬けておくとせっかくの栄養成分が溶け出てしまい、薬効もうまみも半減してしまいます。たまねぎを水に漬ける時は1~2分以内で水をきるようにしましょう。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ