戻る
  • 疲れた脳の回復に即効果。コレステロールを低下し、便秘を予防
  • とうもろこしのクッキー 
header
「とうもろこしのクッキー 」の画像
所要時間:
40 分
(生地を冷蔵庫で寝かす時間は除く)
エネルギー:
133kcal
塩分:
0.1g
※栄養価などは1枚分の値。
効能
コレステロール低下、便秘、健脳


材料
食材 (約20個分)
とうもろこし 1本
バター 120g
砂糖 120g
1個
小麦粉(薄力粉) 300g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

footer

header
① とうもろこしは粒をナイフでこそげ取り、熱湯でゆでる。
② 小麦粉とベーキングパウダーを合せてふるいにかける。
③ バターは常温で戻しクリーム状にやわらかく練る。
④ ③に砂糖を入れて混ぜ、さらに溶きほぐした卵を加えてよく混ぜる。
⑤ ④に②を加えて混ぜ、ひとまとめにして、冷蔵庫で1時間くらい寝かせる。
⑥ ⑤にとうもろこしを混ぜ、スプーンですくって食べやすい大きさにして天板に並べ、160℃のオーブンで16~18分焼く。
footer

header
とうもろこしはビタミンB2やE、食物繊維を豊富に含んでいる穀類です。胚芽部分に多く含まれる脂質は不飽和脂肪酸のリノール酸で、ビタミンEと一緒にコレステロールを低下させ、食物繊維は腸内の環境を整えて便秘予防に働きます。卵・バター・砂糖で作るクッキーは体に力がつき、脳の疲れをすばやく回復してくれます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ