戻る
  • 昆布で炊き上げたごはんは腸を整え、健脳効果も高い
  • さつまいもごはん
header
「さつまいもごはん」の画像
所要時間:
5 ~ 10 分
(いもを水にさらす時間と炊く時間は除く)
エネルギー:
512kcal
塩分:
2.9g
※栄養価などは茶碗1杯分の値。
効能
ダイエット、便秘、健脳


材料
食材 (茶わん4杯)
さつまいも(大) 1本(300g位)
昆布 10cm
2カップ
A 大さじ2
みりん 大さじ1
小さじ1
ごま 適量

footer

header
① さつまいもはよく洗い、両端を切り落とし、1cm厚さの輪切りにし(大きい時は半月かいちょう切り)、たっぷりの水にさらし(15~20分くらい)、水気をきる。
② 米は研いで、普通の水加減にする。
③ ②にさつまいもと表面の汚れをふいた昆布、Aを入れて、炊く。
④ 炊き上がったら昆布を取り出し、さつまいもをくずさないようにさっくりと混ぜる。
⑤ 取り出した昆布は細切りにし、えのきだけ、カツオ節、しょうゆ、みりん(分量外・各適量)でさっと煮る。
⑥ 器に盛り、黒ごまをかけ、⑤の昆布の煮付けを添える。
footer

header
さつまいものカロリーは米や麦の約1/3。少量で満腹感が得られるために、ダイエットにも向く食材です。豊富に含まれるビタミンCは加熱に強い優れもので、食物繊維は腸管で吸収されずに高い吸水性を持ち、便秘解消に働きます。昆布のうまみで炊き上げたごはんは脳の働きを活発にしてくれます。だしを取った後の昆布は油と一緒に調理すると、ヨードの吸収率が高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
便秘解消に効果のある「さつまいも粉」
さつまいもの食物センイは腸管で吸収されず、吸水性が高いので便のカサを増やします。豊富な食物センイが便秘解消に効果的です。
[作り方]
さつまいもは皮ごと2~3mm薄切りにして、ざるなどに乗せて天日でよく乾燥させる。乾燥いたら粉末にし、水かお湯に溶して飲む(コップ1杯に小さじ1の分量)。食後に飲む方が効果が高い。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ