戻る
  • グルタミン酸・DHA・レシチンが脳細胞を元気にする
  • しいたけと鮭の信田巻き
header
「しいたけと鮭の信田巻き」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
エネルギー:
374kcal
塩分:
2.8g
※栄養価などは1人分の値。
効能
健脳、骨粗鬆症


材料
食材 (2人分)
しいたけ 3枚
鮭(切り身) 1切れ
油揚げ 2枚
かんぴょう(水で戻しておく) 適量
A だし汁 2カップ
みりん 大さじ1
大さじ1
しょうゆ 大さじ1
小さじ1/2

footer

header
① 油揚げは端から菜箸をころがして開きやすくし、熱湯をかけて油抜きをし、三方を切り、一枚に広げる。
② しいたけは石づきを取り、細切りにする。
③ 鮭は皮と骨を取り除き、身を庖丁で細かくたたく。
④ 油揚げの上にしいたけと鮭を乗せ、手前からくるくると巻き、かんぴょうで3カ所結ぶ。同じ物を2本作る。
⑤ 鍋に④とAを入れ、煮立ったら弱火にして落としぶたをし、煮る。煮汁が1/3位になったらできあがり。
⑥食べやすい大きさに切り、器に盛る。
footer

header
菌食の王様と呼ばれるしいたけには、脳を活性化するグルタミン酸が豊富に含まれています。鮭の脂質は不飽和脂肪酸のDHAを含有し、脳細胞を活発にします。さらに油揚げのレシチンも脳の働きを高めるので、しいたけ・鮭・油揚げを一緒に取ると、健脳効果に優れた食べ合わせになります。しいたけと鮭のビタミンDと油揚げのカルシウムが、骨の強化に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ