戻る
  • かぶの抗がん物質と鮭のアスタキサンチンが抗がん作用に働く
  • かぶと鮭の昆布漬け
header
「かぶと鮭の昆布漬け」の画像
所要時間:
10 分
(漬けている時間は除く)
エネルギー:
65kcal
塩分:
1.7g
※栄養価などは1人分の値。
効能
抗がん作用、骨粗鬆症


材料
食材 (2人分)
かぶ 3個(小ぶりだったら4個)
サーモン(刺身用) 50g
昆布 5cm
適量

footer

header
① かぶは茎を2cm位残して切り、よく洗い(茎の付け根の部分に泥がついていることが多いので)、6~8等分に切る。
② サーモンは薄いそぎ切りにする。
③ 昆布は表面の汚れをふき、細切りにする。
④ ボウルにかぶを入れて塩を振り、よく混ぜる。サーモン、昆布を加え、混ぜ合わせる。
⑤ 密閉容器に入れ、一日置く。水が上がり、昆布のうまみが染み込んだらできあがり。
footer

header
かぶに含まれる抗がん物質のグルコシノレートやビタミンCは、生食すると無駄なく取り入れることができます。この高い抗酸化力は鮭のアスタキサンチンと一緒に抗がん作用に働きます。かぶや昆布に含まれるカルシウムは、鮭のビタミンDの働きで吸収が高まり、骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症の予防に有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
声がれに効く「かぶのおろし汁」
声がかれた時にはビタミンCが豊富で、消炎・解毒作用のある食べ物が有効です。かぶの他にいちじくや大根、菊の花、春菊なども効果があります。
[作り方]
かぶはよく洗ってすりおろし、おろし汁をこして飲む。痛みが伴う時は1時間ごとに飲むとよい。1回に飲む量はかぶ1個分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く