戻る
  • じゃがいものカリウムと玉ねぎの硫化アリルが、高血圧を予防する
  • シンプルポテトサラダ
header
「シンプルポテトサラダ」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
319kcal
塩分:
1.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
高血圧、疲労回復、体力強化


材料
食材 (2人分)
じゃがいも(男爵・大) 2個
たまねぎ(中) 1/4個
あさつき(小口切り) 大さじ1
マヨネーズ 大さじ4~5
大さじ1
塩、こしょう 各適量

footer

header
① じゃがいもは洗ってから、丸のままゆでる。ゆであがったら皮をむいて粗くつぶし塩、こしょう、酢を振っておく。
② たまねぎは薄切りにし、水に放し、水気を絞る。
③ ボウルにじゃがいも、たまねぎ、あさつきを入れ、マヨネーズで和える。
footer

header
じゃがいもは「カリウムの王様」と呼ばれるように、カリウム含有の高いいもです。カリウムは余分な塩分を体外に排出し、血圧を安定させる働きに優れています。じゃがいも・たまねぎ・ねぎを一緒に取ると、たまねぎやねぎの硫化アリルの働きによって、高血圧の予防や疲労回復などに効果を発揮する食べ合わせになります。栄養価の高いマヨネーズがプラスされることで体力強化が期待できます。硫化アリルは水溶性なので水に漬ける時は短時間にします。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
便秘に効く「じゃがいものおろし汁」
じゃがいもの絞り汁は昔から慢性的な便秘に効くと伝えられてきました。また、絞り汁を煎じたものは、胃潰瘍の特効薬として知られています。新鮮なじゃがいもを使います。
[作り方]
じゃがいもはよく洗ってから皮をむき、芽もていねいに取り除く。すりおろしてからガーゼで絞る。小さじ2杯を1日2回空腹時に飲む。胃潰瘍の時は絞り汁を黒くなるまで煎じたものを飲む。
※じゃがいもの絞り汁は時間が経つと変色するので、つくり置きはしない。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ