戻る
  • 大根のビタミンPとそばのルチンが、毛細血管を強化する
  • 大根そば
header
「大根そば」の画像
所要時間:
20 ~ 25 分
エネルギー:
239kcal
塩分:
5.2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
血管強化、便秘


材料
食材 (2人分)
大根 350g
そば(乾) 2人分
ツナ缶(小) 1缶
あさつき(小口切り) 大さじ2
A しょうゆ 大さじ3
砂糖 少々
少々
しょうが汁 小さじ2
七味とうがらし(好みで) 適量

footer

header
② そばはたっぷりの湯で湯がく。
① 大根はよく洗い(皮をむく時はできるだけ薄く)、食べやすい長さの細切りにする。
③ 熱湯4カップで大根を煮る。
④ 大根がやわらかくなったら、ツナ缶、Aを入れて煮立てる。
⑤ 器に熱湯に通したそばを入れ、上から④をかける。
⑥ あさつきを飾り、好みで七味とうがらしを添える。
footer

header
大根の皮の部分とそばに含まれるビタミンPの一種であるルチンの働きで毛細血管が強化され、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害の予防が期待できる一品です。大根にはリグニン・セルロース・ペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整えて便秘予防に有効に働きます。しょうがの香り成分には健胃効果があります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
せきやたん、喉の痛みに効く「大根あめ」
ビタミンCが豊富な大根は昔からせきやたんを鎮静する食材として利用されていました。風邪によるせきやたん、喉の痛みによく効きます。
[作り方]
大根はよく洗い、皮ごと薄いイチョウ切りにする。ビンに大根を入れはちみつをヒタヒタに注ぐ。大根から水が出て浮き上がってきたらできあがり。大根を取り出して、透明な液を飲む。1回に飲む分量は小さじ1杯位で、1日数回飲むとよい。冷蔵庫で保存する。

ニキビに効く「大根のおろし汁」
毛穴に皮脂が詰まり、細菌が感染するニキビは、まず、清潔にすることが大切です。大根をおろした時の特有の辛みは硫黄を含んだ化合物で除菌効果があり、脂肪を分解する効果もあり、ニキビ退治に効果的です。
[作り方]
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4~5分付ける。顔を洗ってから付けるとよい。湯上りだと毛穴が開いているので効果的。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ