戻る
  • 抗酸化力の高い炊き込みごはん
  • にんじんのマヨネーズ入り炊き込みごはん
header
「にんじんのマヨネーズ入り炊き込みごはん」の画像
所要時間:
10 ~ 15 分
(米を水に漬けている時間と炊く時間は除く)
エネルギー:
480kcal
塩分:
3.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
抗酸化力、抗がん作用、体力強化


材料
食材 (2人分)
にんじん 1/2本
鶏ムネ肉 50g
えのきだけ 1/2束
白米1カップ+玄米1/2カップ
オリーブ油 適量
A しょうゆ 大さじ1/2
大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
B しょうゆ 大さじ1/2
大さじ1/2
マヨネーズ 大さじ2
40212

footer

header
① にんじんは皮をむき、2~3cm長さの細切りにする。
② 鶏肉は1cm角に切る。
③ えのきだけは根元を切り、半分に切ってほぐしておく。
④ 鍋にオリーブ油を入れて熱し、にんじん、鶏肉、えのきだけを炒め、Aで調味する。
⑤ 米は洗って炊飯器に入れ、④を加えて普通の水加減にする。
⑥ ⑤にBを入れてよく混ぜ、普通に炊く。
⑦ 蒸らしてからさっくり混ぜる。
※ごはんに玄米を混ぜてあるので、水に漬ける時間を長くするとふっくら炊き上がる。
footer

header
にんじんはβ‐カロテンの宝庫と言われ、カルシウムやカリウムなどのミネラル類や食物繊維を豊富に含んでいる根菜です。β‐カロテンは油と一緒になると吸収率がアップし、高い抗酸化力を発揮します。鶏肉やえのきだけと一緒に取ると、鶏肉の不飽和脂肪酸とえのきだけのレンチナンの働きが加わり、抗がん作用や体力強化に優れた食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ