戻る
  • 鮭のビタミンDと牛乳のカルシウムが、骨粗鬆症予防に効果
  • 鮭とじゃがいものミルク煮
header
「鮭とじゃがいものミルク煮」の画像
所要時間:
20 ~ 25 分
エネルギー:
313kcal
塩分:
2.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
骨粗鬆症、精神安定、体を温める、滋養


材料
食材 (1人分)
鮭(切り身) 2切れ
じゃがいも 2個
しいたけ 2枚
スープ 2カップ
牛乳 2カップ
塩、こしょう 各適量
くず粉 適量

footer

header
① 鮭は1切れを3~4つに切り、塩、こしょうをする。
② じゃがいもは皮をむき、4つに切る。
③ しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸を細切りにする。
④ 鍋にスープと鮭、じゃがいも、しいたけを入れて火にかけ、沸騰したら中火にする。
⑤ じゃがいもがやわらかくなったら、牛乳を加え、沸騰させないように加熱し、塩、こしょうで味を調える。
⑥ ⑤に溶いたくず粉を回し入れ、トロミをつける。
footer

header
鮭はカルシウム吸収を高めるビタミンDを含有しており、カルシウムが豊富な牛乳と一緒に取ると、骨や歯が強化され、骨粗鬆症の予防に有効な食べ合わせになります。加熱に強いじゃがいものビタミンCがストレスへの抵抗力を高め、精神安定にも働きます。鮭は体を温める食材で、胃腸を温め、気力を高める滋養食として優れています。くず粉は葛の根から取れる滋養豊富な食材です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

便秘に効く「じゃがいものおろし汁」
じゃがいもの絞り汁は昔から慢性的な便秘に効くと伝えられてきました。また、絞り汁を煎じたものは、胃潰瘍の特効薬として知られています。新鮮なじゃがいもを使います。
[作り方]
じゃがいもはよく洗ってから皮をむき、芽もていねいに取り除く。すりおろしてからガーゼで絞る。小さじ2杯を1日2回空腹時に飲む。胃潰瘍の時は絞り汁を黒くなるまで煎じたものを飲む。
※じゃがいもの絞り汁は時間が経つと変色するので、つくり置きはしない。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ