戻る
  • 動脈硬化に有効
  • サンマと大豆の南蛮漬け
header
「サンマと大豆の南蛮漬け」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
エネルギー:
240kcal
塩分:
4.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、動脈硬化、健脳、抗がん作用


材料
食材 (2人分)
サンマ 1尾
大豆(煮たもの) 1/2カップ
にんじん 5cm
オリーブ油 適量
A 80CC
100CC
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ2
小さじ2/3
たかのつめ 1本

footer

header
② サンマは頭と内臓を取り、三枚におろして一口大に切る。
③ にんじんは薄い拍子切りにする。
④ フライパンにオリーブ油を入れて熱し、大豆とにんじんは素揚げ、サンマは小麦粉をまぶして揚げる。それぞれ熱い内に①の液に漬ける。
① 鍋にAを入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止める。
footer

header
サンマと大豆は良質なたんぱく質と脂質を豊富に含んでいる食材です。サンマのEPAや大豆のリノール酸はコレステロール低下に働き、動脈硬化を予防します。また、サンマのDHAと大豆のレシチンが記憶力や学習能力を高め、脳の老化防止に働きます。サンマのEPAやDHAは抗がん作用が認められているω‐3脂肪酸で、にんじんのカロテンと一緒に抗がん作用に有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ