戻る
  • ごぼうの食物センイと、良質な動物性たんぱく質が体調を整え強化する
  • ごぼうとブリのグラタン
header
「ごぼうとブリのグラタン」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
エネルギー:
436kcal
塩分:
2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、動脈硬化、抗酸化力


材料
食材 (2人分)
ごぼう(中) 1本
ブリ(切り身) 2切れ
ベーコン 1枚
ホイルトマト缶(大) 1缶
パルメザンチーズ 大さじ2
塩、こしょう、小麦粉 各適量
揚げ油、オリーブ油 各適量

footer

header
① ごぼうは皮をこそげてささがきにし、水に放す。
② ベーコンは1cm幅に切る。
③ ブリは一口大に切り、塩、こしょうをし、小麦粉をまぶして油で揚げる。
④ フライパンにオリーブ油を熱し、水気をきったごぼうとベーコンを入れ、さっと炒める。
⑤ ④に粗く刻んだトマトホイルと③を加えて混ぜ、グラタン皿に盛り、チーズを振る。
⑥ 220~230℃に熱したオーブンに入れ、約10分焼く。こんがり焼き色がついたらでき上がり。
footer

header
良質なたんぱく質と脂質、ビタミンAやEを豊富に含むブリは粘膜を丈夫にし、老化を防ぐ魚です。ベーコンやチーズの動物性たんぱく質がプラスされることで栄養価がさらに高まります。ごぼう・ブリ・ベーコン・チーズを一緒に取ると、ごぼうに含まれる解毒作用を持つリグニンと豊富な食物繊維が、余分な脂質を体外に排出しコレステロール低下や動脈硬化予防などに有効な食べ合わせになります。トマトのリコピンが抗酸化力をさらに高めます。
footer
header
●ここに注意!
具をグラタン皿に入れる時にごぼうが飛び出ないように盛り付けます。飛び出たごぼうが焦げてしまうので注意。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
喉の痛みを緩和する「ごぼうのおろし汁」
ごぼうに含まれるタンニンは消炎作用や抗菌作用を持っています。おろした絞り汁にはタンニンの効能が豊富に含まれており、煎じたものでうがいをすると、口内炎にも効果があります。
[作り方]
ごぼうはよく洗い、皮付きのままおろす。ガーゼなどに包んで絞り、絞った汁を1日3回飲む。1回分は大さじ1くらいでよい。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ