戻る
  • 甘み成分は砂糖の約200倍
  • 甘茶
header
「甘茶」の画像
所要時間:
1 分
エネルギー:
3kcal
塩分:
0g
※栄養価などは1杯分の値。
効能
糖尿病


材料
食材 (1リットル分)
甘茶 5g
1リットル(5カップ)

footer

header
① 沸騰した湯に甘茶を入れる。
② 好みの甘さになったら甘茶を引き上げる。目安時間は20~30秒。
甘茶の茶葉
footer

header
甘茶は日本原産のユキノシタ科の落葉低木ヤマアジサイ(山紫陽花)やガクアジサイの変種で、別名「小甘茶(こあまちゃ)」とも呼ばれています。葉は乾燥されると甘味成分のフィロズルチンとイソズルチンを生成し、その甘さは砂糖の約200倍ともいわれています。そのため砂糖を制限されている糖尿病の代用食品として利用され、生葉は歯周病にも効果があると利用されています。甘み成分のフィロズルチンは長時間煮詰めると苦み成分のタンニンが多く出て苦みを感じるので、茶葉は好みの味になったら取り出します。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ