戻る
  • 腸内の環境が整い、発がん物質を失活させる
  • はちみつりんご煮ヨーグルトがけ
header
「はちみつりんご煮ヨーグルトがけ」の画像
所要時間:
20 分
(冷蔵庫で冷やす時間は除く)
エネルギー:
128kcal
塩分:
0g
※栄養価などは1人分の値。
効能
便秘、老化防止


材料
食材 (2人分)
りんご 1/2個(150g)
レーズン 10g
ヨーグルト 適量
A はちみつ 50g
150CC

footer

header
① りんごは半分に切り、芯を取り、皮をつけたまま3cm厚さに切る。
② 鍋にAを入れて火にかけ、はちみつが溶けたらりんごを入れる。
③ 沸騰したら弱火にし、ふたをして約10分煮る。
④ レーズンを加えてさらに5分煮る。
⑤ 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
⑥ よく冷えたら器に盛り、ヨーグルトをかける。
footer

header
はちみつに含有されるイソマルトオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、便秘や下痢を予防する働きを持っています。りんごのペクチンとヨーグルトの乳酸菌を一緒に取ることで、腸内の善玉菌ビフィズス菌が増え、発がん物質を失活させる働きが高まります。レーズンを加えて老化防止を高めます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
下痢や便秘に効く「りんごのすりおろし」
りんごには食物センイのペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは腸の水分を吸収し下痢の症状を緩和します。腸内で善玉菌の乳酸菌を増やす働きもあります。
[作り方]
りんごはよく洗い、ヘタとタネを取り、すりおろす。ペクチンは皮の部分に多く含まれているので、皮ごと使うとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ