戻る
  • 滋養に優れ、免疫力を高める
  • 卵とトマトのスープ
header
「卵とトマトのスープ」の画像
所要時間:
10 分
エネルギー:
74kcal
塩分:
1.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
免疫力強化、健脳


材料
食材 (2人分)
卵(M) 1個
トマト缶(ホール) 80g
鶏ガラスープ 2カップ
A 大さじ1/2
塩、こしょう 各適量
白髪ねぎ 適量

footer

header
② 卵はよく割りほぐす。
④ ③を弱火にし、③の卵を回し入れる。
⑤ 器に盛り、白髪ねぎを飾る。
① ホールトマトは一口大の薄切りにする。
③ 鍋にスープを煮立て、トマトを加えてひと煮立ちさせ、Aで味を調える。
footer

header
鶏卵のたんぱく質はすべての必須アミノ酸を含んだ組成をしており、特にメチオニンを多く含んでいます。トマトのリコピンを加えると抗酸化力が高まり、滋養に優れた免疫力の高い食べ合わせになります。トマトの酸味のクエン酸やリンゴ酸が疲労物質を取り除き、卵黄に含まれるレシチンと一緒に脳の働きを高めます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ