戻る
  • コレステロール値を低下させる
  • そば海苔巻き
header
「そば海苔巻き」の画像
所要時間:
20 分
エネルギー:
161kcal
塩分:
2.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
美肌、コレステロール低下


材料
食材 (2人分)
海苔(全型) 2枚
乾そば 60g
にんじん(5mm角10m長さ) 4本
だし汁 1/4カップ
ほうれん草 20g
1/2個
砂糖 大さじ1/4
少々
つけ汁、わさび

footer

header
① にんじんはだし汁で5~6分、弱めの中火で煮る。
② ほうれん草は塩少々入れた熱湯でさっと茹で、冷水に放して振り洗いをし、水気を絞る。
③ ボウルに卵を割り入れ、砂糖と塩を加えてよく混ぜ、油を熱したフライパンに半量流し込み薄焼き卵を作る。2枚作り、冷めたら丸めて細切りにし、錦糸卵を作る。
④ 乾そばはたっぷりの湯で所定時間茹でる。茹で上がったら水洗いをし、水気をきる。
⑤ 巻きすに海苔を広げ、海苔の手前1cmを空け、3/4面積にそばを広げる。
⑥ 広げたそばのほぼ中央ににんじん、ほうれん草、錦糸卵を乗せ、手前から巻く。
⑦ 食べやすい大きさに切り、器に盛り、つけ汁とわさびを添える。
footer

header
海苔はミネラル・ビタミン・食物繊維を豊富に含み、カロテンやビタミンCの含有量は高く、1日一枚食べるとシミやソバカスを防ぐといわれています。海苔とそばを一緒に取ると、海苔の葉緑素とそばのナイアシンがコレステロール値低下に働く食べ合わせになります。卵で良質なたんぱく質と脂質を補い、栄養バランスを整えます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く