戻る
  • カレー粉を加えて免疫力を高める
  • ふきのとうのカレー天ぷら
header
「ふきのとうのカレー天ぷら」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
168kcal
塩分:
1.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
胃腸強化、精神安定、免疫力強化


材料
食材 (6個)
ふきのとう 6個
1/2個
A 小麦粉 1/4カップ
カレー粉 小さじ1/4
揚げ油 適量
粗塩 適量

footer

header
① ふきのとうはよく洗い、周りのかたい部分を取り、寝かした包丁の腹でふきのとうを叩き、水気をよく拭き取る。
② 卵と水を合わせて50CCにし、よく混ぜ合わせる。
③ ②にAを加えてサックリ混ぜる。
④ 鍋に揚げ油を熱し、③の衣にふきのとうをつけ、170℃でカラッと揚げる。
⑤ 器に盛り、粗塩を添える。
footer

header
ふきのとうの苦みは、寒い土の中でしっかり蓄えたビタミンやミネラルによる成分です。特有の苦み成分ポリフェノールが胃腸の働きを整え、香り成分が精神安定に働きます。衣にカレー粉を加えて抗酸化力を高め、免疫力を高めます。包丁の腹でふきのとうを叩くのは、芯までよく火が通るようにするためです。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
食欲不振に効く「ふきのとう煎じ汁」
ふきのとうの特有の香りと苦みには、食欲を増進させる効果があり、消化を高める働きももっています。
[作り方]
鍋にふきのとう30gと水3カップを入れて火にかけ、半量になるまで弱火で煎じる。一日数回に分けて飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く