戻る
  • 豊富な不飽和脂肪酸がコレステロール低下に働く
  • 鶏ひき肉のいなりずし 
header
「鶏ひき肉のいなりずし 」の画像
所要時間:
20 分
エネルギー:
849kcal
塩分:
3.2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、老化防止


材料
食材 (2人分)
油揚げ 3枚
鶏ひき肉 60g
ごま 大さじ2
せり 1株(10g)
寿司飯 300g
A だし汁 1/2カップ
しょう油 小さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
B だし汁 大さじ1
みりん 小さじ1/2
しょう油 小さじ1/2

footer

header
① 油揚げはたっぷりの湯でゆがいて油抜きをし、半分に切って口を開け、Aの煮汁で煮る。汁気がほぼなくなったら火を止める。
② 鍋に鶏ひき肉とBを入れ、炒り煮にする。
③ せりはよく洗い、熱湯でさっとゆで、水にさらして水気を絞り、5mm長さに切る。
④ ボウルに寿司飯、鶏ひき肉、せり、ごまを入れてサックリ混ぜ合わせ、6等分にする。
⑤ 油揚げの煮汁を軽く絞り、④を詰める。
footer

header
油揚げはアミノ酸バランスに優れたたんぱく質と脂質を含んでおり、鶏肉と一緒に取ると体力が強化される食べ合わせになります。油揚げには不飽和脂肪酸のリノール酸やビタミンEが多いため、ごまをプラスすると、コレステロール低下や老化防止に働きます。せりでカロテンとビタミンCを補います。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
腰痛や筋肉痛に効く「せりの煎じ汁」
せりに豊富に含まれるビタミン類やミネラル類が、腰痛や筋肉痛の症状を緩和し、血液を正常な状態に戻します。
[作り方]
乾燥させたせり50gと水600CCを鍋に入れて火にかけ、水分が半量になるまで煮詰める。この量を1日分として3回に分けて飲む。

ひきはじめの風邪に効く「せりのしょうゆ汁」
せりにはカロテンやビタミンCが豊富に含まれています。カロテンは粘膜を丈夫にする働きがあり、ひきはじめの風邪の時はビタミンCの消耗が激しいので、双方が豊富に含まれるせりは有効です。
[作り方]
コップに刻んだせりとかつおぶしを入れ、熱い湯を注ぐ。しょうゆを適量たらしてしょうゆ汁にし、熱い内に一気に飲んですぐに寝る。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ