戻る
  • 風邪で喉の痛い時におススメ
  • 豆腐のカニ餡かけ 
header
「豆腐のカニ餡かけ 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
166kcal
塩分:
2.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
風邪、インフルエンザ


材料
食材 (1人分)
豆腐(絹ごし) 1/2丁(150g)
カニ(身) 50g
おろししょうが 5g
A だし汁 150CC
しょう油 大さじ1/2
みりん 小さじ1
B 片栗粉 小さじ1
小さじ2

footer

header
① 豆腐は弱火でゆでる。
② 鍋にAとカニを入れ、煮立ったらBを加えてトロミをつける。
③ 器に豆腐を入れ、②をかけ、おろししょうがを飾る。
footer

header
良質なたんぱく質を含む豆腐とカニで作る餡かけは、喉ごしもよく、風邪で喉の痛い時におススメの一品です。カニは体内の余分な熱を冷ます作用もあり、体全体の機能を高める働きに優れています。しょうがの辛味成分は新陳代謝を促して発汗作用を高める作用があり、風邪の発熱時だけでなく予防にも有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
免疫力を高める「エビの殻の粉末」「カニの殻の粉末」
エビの殻には免疫力を強化するキチン質が含まれています。毎日、服用すると免疫力が高まります。同様にカニの殻にも豊富に含まれているので、無駄なく利用しましょう。
[作り方]
エビの殻はさっと洗い、よく炒めてから粉末にする。フリカケに混ぜたりして、毎日取るようにする。カニの殻も同様にする。

打ち身に効く「沢ガニの粉末」
カニには「補陰作用」という筋肉や骨を強くする働きがあります。また、体内の余分な熱を冷ます作用もあり、発熱や腫れや痛みに効果があるといわれています。
[作り方]
すり鉢に生きた沢ガニ(5匹位)をすりつぶし、卵黄1個分と小麦粉を加えてよく練り合わせる。これを打ち身の部分に貼る。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ