戻る
  • 乾燥肌を予防し、眼精疲労にも有効
  • すりおろしにんじんとブロッコリーのクリームシチュー 
header
「すりおろしにんじんとブロッコリーのクリームシチュー 」の画像
所要時間:
25 分
エネルギー:
332kcal
塩分:
1.7g
※栄養価などは1人分の値。
効能
乾燥肌、美肌、眼精疲労


材料
食材 (2人分)
にんじん(中) 1本(110~120g)
たまねぎ(中) 1/2個(110g)
ブロッコリー 60g
鶏肉(モモ肉) 100g
オリーブ油 大さじ1/2
2カップ
豆乳 1/4カップ
シチューの素 50g(あるいは顆粒25g)

footer

header
① ブロッコリーは一口大に分け、熱湯で茹でる。
② にんじんはよく洗い、皮のまますりおろす。
③ たまねぎと鶏肉は一口大に切る。
⑤ ④に水を入れ、沸騰したら簡単にアクを取り、中火で7~8分煮る。
④ 鍋にオリーブ油を熱し、たまねぎと鶏肉を炒め、すりおろしたにんじんを加えてさらによく炒める。
⑥ ⑤の火を一旦止め、シチューの素を入れ溶かす。
⑦ シチューの素が溶けたら弱火にかけ、トロミがついたら豆乳とブロッコリーを加えてひと煮立ちさせる。
footer

header
皮膚や粘膜に潤いを与え、新陳代謝を促すにんじんとブロッコリーのβ‐カロテンは、大気中の湿度が減少して肌が乾燥しやすくなる季節には積極的に取りたい栄養素です。オリーブ油と鶏肉の脂質で肌のかさつきを防ぎ、豆乳を加えることで角質層の水分を保持します。消化もよく、眼精疲労にも効果があります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ